結束バンドの固定アイテムや種類について|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

結束バンドの固定アイテムや種類について

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

結束バンド

結束バンドは、さまざまなシーンで使える非常に便利なアイテムです。結束バンドといっても種類があり、使い方や特徴が違うことをご存知でしょうか?うまく固定できない、すぐに使えなくなるといった悩みがある方は、今回解説する結束バンドの種類や固定アイムについて知ると改善できるはずです。

結束バンドとは

結束バンドとは、配線や複数のケーブルを束ねてまとめるための配線材料です。インシュロックやケーブルタイと呼ばれることもあります。結束バンドは一般的に片側にロックするための部品が取り付けられており、反対側からその部品に配線を通して止めるという仕組みです。

基本的には一度取り付けると外すことはできませんが、中には取り外しができるタイプのものもあります。素材はナイロンやプラスチックが多く使用されていますが、結束バンドには様々な種類があり、素材やサイズ、カラー等によって特徴が変わります。また屋外用や屋内用などといった違いもあるため、使用用途によって使い分ける必要があるでしょう。

結束バンドの種類

結束バンドには種類があり、使用する場面によって選び方が違うため選び方は重要です。どういった時にどの結束バンドを選べばいいのか分かるように、結束バンドの種類や使い方、特徴等を知っておきましょう。

今回は結束バンドの素材に注目してそれぞれの違いを説明していきます。

 

ナイロン

結束バンドの材質には主にナイロン樹脂が使われています。最も使われている理由は、ナイロン製は柔軟性が高く、ケーブルや配線などを結束した際に傷がつかないからです。

また、比較的安価であることも理由の一つでしょう。ナイロン樹脂といっても種類はいくつもあり、結束バンドに使われるナイロン樹脂は、ナイロン66やナイロン46が多いと言われています。ナイロン66は、安価かつ強度が高いため一番メジャーな素材です。また比較的耐候性に優れているのも特徴の一つです。ナイロン46は、ナイロン66に比べて耐熱性と耐油性に優れています。厳しい環境でも耐えられる素材なので、車のエンジンルームなどで用いられることが多いです。

 

ポリプロピレン

ポリプロピレンはナイロンよりも強度が高く、耐熱性もある素材です。また酸やアルカリといった薬品にも強いため、医療器具などに使用されています。ナイロンでは耐えられない時はポリプロピレンを選んでみましょう。

 

シリコン

シリコンはDIYや小物の結束、園芸等に使われる素材です。簡単に言うとゴムでできた結束バンドということになります。ナイロンなどに比べると柔らかい素材なので、対象物を傷つけることなくソフトに結束できます。また伸び縮みするため扱いも簡単です。

結束バンドを固定するときにおすすめのアイテム

結束バンドを固定する際に、便利なアイテムを紹介していきます。使用する場面や固定方法によって適切な道具を使ってあげると、ストレスなく固定することが可能です。

 

タイマウント(結束バンド固定具)

タイマウントは、ネジ止めで固定する台座方式の固定具です。ネジを使うため両面テープのものと比べて束線をしっかり固定することができます。重いケーブルの固定等強度が必要なときに使用するのがおすすめです。

例えば、設備内の配線やセンサー類の配線を固定するときにぴったりでしょう。設備製作時に配線を這わせる時、ダクトを付ける程でもない場合に結束バンドと一緒に使うと、簡単かつ確実にまとめる事ができます。タイマウントは薄型タイプ、強度のある幅広結束バンド用等さまざまな形状があるため、形状も考慮しながら選んでみてください。

 

タイアンカー(TA1・TA2タイプ)

タイアンカーは、束線に対して平行または垂直に使用するねじ止めタイプの固定具です。こちらもタイマウントと同様、ネジ止めで束線を固定するため強度が必要なシーンに最適な商品となっています。

ネジの取り付け溝にゆとりがあるため、固定具の位置を好みで決めることができるのが大きな特徴です。素材は屋内用ナチュラル、耐候性ナイロン66、耐熱性ナイロン66、難燃性ナイロン66等があります。素材で使い分けができると、強度も保たれるでしょう。

 

4方向挿入タイプ粘着テープ付き固定具

結束バンドを使用した束線の、筐体などへの固定に使用します。粘着テープタイプなので、ネジ止めには強度が劣りますが、速やかに効率よく固定したいときには便利です。粘着テープを台紙から剥がすだけで取り付けが完了します。

強度が劣るといっても、粘着力はしっかりあり、高さも低いため使いやすいと評判のアイテムです。粘着テープの素材はゴム系、アクリル系等があります。一般的な使用であればゴム系、屋外や高温化で使用する場合はアクリル系がおすすめです。

まとめ

今回は、結束バンドの使い方や結束バンドの種類を紹介しました。

それぞれの違いや特徴を知ったうえで結束バンドを選ぶと、しっかり固定され長期間使うことができるでしょう。結束バンドを使う予定がある方は、参考にしてください。

👉結束バンド商品一覧はこちら