More Meaningful Connections

結束バンドの怪我防止対策おすすめの方法5つ

結束バンドは、ケーブルなどを結束する場合に使うバンドです。特にケーブルの本数が多い場合にまとめたり、太い配管などを結束するときに使います。結束バンドは強くて耐久性があり、使いやすいので、工事現場や作業現場などでも使われています。結束バンドで固定すると、ケーブルや配管などがしっかり固定できるので便利なのですが、使い方を間違えると怪我をすることがあります。結束バンドの怪我防止対策をご紹介しましょう。

結束バンドの怪我防止対策

結束バンドの怪我防止対策には、結束バンドのカット専用に作られたニッパーを使うのがおすすめです。結束バンドを切断するには、鉄線を切断する強力なニッパーなどを使えば、簡単に切れそうに思えますがそうではありません。また、ニッパーのかわりに、ペンチやカッターを使ってもよさそうですが、これもあまりおすすめできません。

その理由は、上記の器具を使ってカットすると、結束バンドの切り口が鋭利になるからです。結束バンドはかなり硬いので、ただ切断しただけでは切り口がとがった状態になることが多く、うっかり素手で触ると指先を切るなど、思わぬ怪我をしてしまいます。

そこで、刃がフラットになっているプラスチックニッパーを使うと、切り口が鋭利になることもなく、きれいにカットすることができます。もし結束バンドカット用の専用ニッパーがなければ、ペンチやカッターで切ったあとにできた鋭利な部分を、大きな爪切りでカットする方法もあります。

 

プラスチックニッパーは定期的なメンテナンスが必要

プラスチックニッパーは、何度も使っているうちに刃の部分の切れ味が低下してしまいます。

そのため、定期的なメンテナンスが欠かせません。プラスチックニッパーの刃を削るためには、ダイヤモンドヤスリをホームセンターで購入して、平らにヤスリがけをしましょう。この際は、刃が平行になればしっかりと結束バンドを切れるようになります。

結束バンドで怪我をする理由

結束バンドで怪我をするのは、切り口が鋭くとがっているからです。結束バンドは硬いので、切り口が平らでないと、必ずと言っていいほど切り口がとがります。そのため、きれいに切れていない結束バンドの切り口に、うっかり触ると怪我をしてしまうのです。

結束バンドで怪我をしないためには、前述しましたように結束バンドを平らに切るようにしましょう。ではなぜカッターやニッパーで切ると、切り口がとがってしまうのでしょうか。それは、カッターやニッパーでは、今まさに切ろうとしている部分だけに力がかかるからです。

つまり、切りたい箇所に均等に力がかからないために、切っているうちに切り口の断面がズレてしまうので、切り終わった最後の部分がとがってしまうのです。もし専用工具がなくてどうしても切り口が鋭くなるようなら、以下に紹介する方法でとがった部分を取るようにしましょう。

結束バンドで怪我をしないためには?

結束バンドで怪我をしないためには、切断面の鋭くとがった部分(バリ)を取るか、切り口の角を落とせば解決します。このバリ取り方法はいくつかあります。

 

ミニルーターやマイクログラインダーを使って尖った部分を削る

ミニルーターやマイクログラインダーを使って、結束バンドのとがった部分を削って丸くすれば、うっかり触っても怪我をすることはなくなります。削ったら、とがっていた部分が丸くなって、触れても痛みを感じないことを確認しましょう。ケーブルの結束でも配管の結束でも、人の手が触れる部分で、とがった箇所や、手が傷つく恐れがある箇所は、角を丸めるのが基本です。

ミニルーターは、大手100円ショップで販売されています。ですが、どの店舗でも販売されているわけではありません。近くのこれらの工具を取り扱う店舗がない場合、どうしたらいいのでしょうか。もっと身近にある道具で、結束バンドの角を取る方法を考えてみましょう。

 

焼きゴテを当てる

焼きゴテを当てて、とがった部分を熱で溶かしても切り口が丸くなります。

このほかに、冒頭で説明したように、専用ニッパーを使う方法と大型の爪切りでカットする方法があります。

なお、ヤスリで削ったり、カッターナイフで角を取れるようい思えますが、これらの方法はおすすめできません。ヤスリは、木や金属でできたものなら表面を削ることができますが、結束バンドは硬くて弾力があるので、ヤスリをかけようとするとしなってかけることができないのです。これと同様にカッターナイフも、弾力のある結束バンドの先をカットするのには向いていません。

 

***

結束バンドのとがった角を取る方法をいくつかご紹介しましたが、結束バンドを使う際は必ずとがった部分の角を丸めておかないと、あとで思わぬ怪我をすることがあります。しかも、自分が怪我をするならまだしも、何の関係もない他人がうっかり鋭い断面に触って、怪我をする場合がありますから十分注意しましょう。一番おすすめの方法は、ミニルーターやマイクログラインダーを使って角を削る方法です。ダイソーでミニルーターが安く手に入るので、購入して使うといいでしょう。