More Meaningful Connections

太陽光発電システムの仕組みを分かりやすく解説

太陽光発電システムは、自然の力を利用して電気を生み出し活用する方法です。実際に、どのようなシステムの仕組みになっているのか、太陽光発電のメカニズムと、導入するメリットを解説します。太陽光発電システムは、自然の力を利用して電気を生み出し活用する方法です。実際に、どのようなシステムの仕組みになっているのか、太陽光発電のメカニズムと、導入するメリットを解説します。

太陽光発電システムは光エネルギーで太陽電池を発電させる

太陽光発電の太陽電池とは、電力を蓄積するようなものではなく、太陽の「光エネルギー」を電力に変換しているもので、いわば「発電機」のような役目を担っています。

太陽から注いでいる光エネルギーが、太陽電池に直接あたることによって、「光電効果」という現象が引き起こされます。これは、光が照射されて、太陽電池の半導体の電子が動くことにより、電気が発生するという仕組みです。

電気的に性質が違う「N型半導体」と「P型半導体」を重ねて、光を当てることにより、接合面に「マイナス(N)」と「プラス(P)」が集まるので、その性質を使って電極をつなぎ、電気が流れます。

太陽光発電システム導入の3つのメリット

太陽光発電システムは、太陽から照射される光のエネルギーを使って発電するシステムです。太陽光はどれだけ使ってもなくなることがありませんので、再生可能エネルギーとして活用されています。

  1. 光熱費の節約になる

太陽光発電システムを導入すると、昼間は電気代が高く、夜は安いという電気料金プランを利用することになり、昼間に太陽光発電の電気を使うので、電気代を節約できます。

  1. 電気が余ったら売ることも可能

太陽光発電は、自宅で使いきれない分の電力を売って、収入を得ることもできます。太陽光発電で発生した電気を売ることを売電といいます。売電は、固定価格買取制度で、20年間固定の額で買い取ってもらえることが定められています。

  1. 停電になったときも電気を使うことができる

停電が起きても、太陽光発電であれば自立運転をして自家発電ができるので、電気が使用できます。ただし、発電した電気を停電中でも使うためには、直流の電気を交流に変換するパワーコンディショナーを自立運転モードに切り替える必要があります。

太陽光発電システムにはパンドウイットの配線ソリューションがおすすめ

太陽光発電システムの施行で、差をつけたいならパンドウイットの配線ソリューションがおすすめです。

屋外で20年の耐久性がある「銘板ラベル」や、耐候性に優れている「マーカープレート」、太陽光パネル施行用の「ナイロン12製結束バンド」、挟むだけの簡単施行「クリップ型固定具ソーラー用メタルクリップ」など、たくさんの優秀なアイテムが揃っています。

***

太陽光発電システムでは、太陽光から電気を生み出し、それを利用することによって電気代を節約することができます。また余っている電力を売ることもできるので、とてもエコな電気の使い方であり、今からでも施行をする価値のあるものです。