配線ダクト活用法!多様な使い方で生活を豊かに

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

照明器具を吊り下げるために活用される配線ダクト。近年ではこの配線ダクトを上手く活用した方法で、お部屋作りを楽しむ人が増えています。設置方法や配線ダクトのチョイス次第で、自分好みの部屋を作ることも可能。

本記事では、そんな配線ダクトのさまざまな活用法について紹介いたします。

配線ダクトの魅力 

配線ダクトとは、照明器具を天井から吊り下げるために用いられる専用のレールのことで、ダクトレールやライティングレールとも呼ばれています。以下では、配線ダクトの魅力について3つご紹介します。

 

使い方が自由自在

配線ダクトはライトを横並びに取り付けることができるバー状の部品のことをいいますが、このバーの上であれば、好きな位置に照明を取り付けられることが大きな魅力です。並べ方次第でモダンな雰囲気を作ったり、一部を強調したライトを当てることができるため、人によってさまざまな照明の使い方を楽しむことができます。また照明以外のものも取り付けることができます。

 

豊富なカラーバリエーション

配線ダクトはシルバー、ホワイト、ブラック、ブラウンなど色展開が豊富なため、部屋の雰囲気に合わせてコーディネートすることができるのも魅力の一つです。リビングなど明るい場所では白色、バーなど暗い場所ではグレーなど、場所ごとに使い分けてみましょう。

 

取り付けが簡単

3つ目は取り付けが簡単にできることです。誰でも取り付けられる手軽さから、自宅に取り付ける方が増えています。女性一人でも簡単にDIYすることが可能です。

配線ダクトとライト 

配線ダクトに取り付けるライトの種類や配置の仕方、色にもこだわると、より理想の空間に近づけることができるでしょう。それぞれのライトの特徴や、どういったシーンにおすすめかについて解説します。

 

ペンダントライト

ペンダントライトは、名前の通りペンダントのように吊り下げられている照明のことです。電球の周りにシェード(笠)がついているものは種類も豊富なため特に人気。シェードの広がり方によって照らす範囲の広さも自由自在で、やわらかい光を作ることができます。

こういった光は衣装照明やダイニングなどにぴったりです。ダイニングで使うときは等間隔でライトを設置するとおしゃれに見えます。

 

スポットライト

特定の場所に集中して光を当てるための照明を、スポットライトと呼びます。部屋全体をテ照らすのには向いていないですが、インテリアや壁など、間接照明として活用されます。インテリアに印象的な演出を作りたい場合にぴったりです。

照明の角度を自由に変えられるため、光の強さや当て方も好みで調節できます。光に印象を残すために、スポットライト自体のデザインはシンプルなものがおすすめです。スポットライトはクールな印象づくりが得意なため、コンクリートと合わせるとより綺麗に見えます。

 

LineMe

LineMeは、多彩なカラーとパターンが選べるケーブル照明です。自由に自分の好みに合わせて光のアクセントを取り入れることができます。

カラフルなLineMeを天井にはりめぐらせればポップな雰囲気のお部屋に、コードの色を押さえるとガラッと印象が変わります。自分の発想でインテリアを作り上げたい方におすすめです。

付けられるのはライトだけじゃない 

配線ダクトには、一般的にはライト吊り下げて使用しますが、実はライト以外のものも取り付けることができます。さまざまなものを取り付けてインテリアを楽しみましょう。具体的なアイディアを4つ紹介します。

 

観葉植物

配線ダクトのレール部分に観葉植物やつるを取り付けると、お部屋全体がグリーンに囲まれてカフェのような雰囲気になります。ライトに照らされたグリーンや葉っぱの影も綺麗で、リラックスできる空間づくりに最適です。

 

流木

配線ダクトは約6キロ程度の重さに耐えられるため、軽めの流木であればを取り付けることも可能です。流木を活かしてDIYすることで、個性的な空間に早変わり。アーティスティックなスタイルが好きな方におすすめです。

 

モビール

カーテンレールなどに取り付けることの多いモビールも、配線ダクトに取り付けることで存在感を発揮します。簡単に取り外しができるため、季節ごとに付けるものを変える楽しさもあります。

 

ドライフラワー

水が不要なエアプランツやドライフラワーを設置することも可能です。ドライフラワーを紐でくくりつけ、それを配線ダクトに結ぶだけで簡単に設置できるため、好みに応じて数を増やしたり、付け替えたりという作業も手軽に行えます。

まとめ

配線ダクトを上手く活用すると、さまざまなインテリアが楽しめます。いつもと違う方法で部屋を模様替えしてみたいという方は、ぜひ配線ダクトを活用してみてください。ご紹介した方法以外にも、配線ダクトを活用する方法は無限に存在します。自分ならではの活用方法で、生活を豊かなものにしましょう。