GIGAスクール構想とは?校内ネットワークの整備に向けた取り組み内容

令和時代に入りさまざまな変化が見られますが、とくに大きく変化しているのが教育現場です。文部科学省が発表した「GIGAスクール構想」は、児童や生徒1人ひとりに学習者用端末・ネットワーク環境を整備する計画のことです。

GIGAスクール構想によって、子供たちのよりよい学習環境が整備されますが、その実現のための課題は山積しています。今回はGIGAスクール構想の概要と、実現するための取り組み方について解説します。

GIGAスクール構想とは?

GIGAスクール構想とは、義務教育を受ける児童や生徒のために、1人1台の学習者用端末と高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備する計画のことです。具体的には令和2年度末までに小中高の全教室への校内ネットワーク整備、令和5年度末までにすべての小中学校の全学年の児童一人ひとりが端末を持つことが目標とされています。

令和2年5月現在、新型コロナウイルスの感性拡大を受けて、GIGAスクール構想の早期実現のための支援が活発化すると予想されています。

 

GIGAスクール構想が生まれた背景

これまで、学校教育の現場ではすべての児童・生徒に同じ内容を同じペースで教える一斉教育が主流であり、残念ながら授業に取り残されてしまう子供たちもいました。しかし近年、働き方や職業の多様化にともなって、子供たち一人ひとりの個性に合わせた教育を実現することが求められています。

すべての子供たちにとって公平で、より創造性に富む教育を行うためにGIGAスクール構想は発表されました。GIGAスクール構想によって、出欠管理や成績処理などの負担も減り、教員の働き方改革にもよい影響が及ぶと期待されています。

GIGAスクール構想の実現に向けた取り組み

GIGAスクール構想を実現するために自治体と学校がすべきことを解説します。

 

自治体側の取り組み

GIGAスクール構想を実現するために、イニシアティブを取るのは自治体です。まずは環境整備の標準仕様書例示と調達改革が必要です。どのような端末が必要なのかを通知し、複数の自治体で共同調達が可能か検討します。

続いてクラウドサービスが利用されることを想定してセキュリティガイドラインを公表します。さらに学校レベルで教員が効果的な学習方法を学べるように学校ICT利活用ノウハウ集を公表しなければなりません。それとともに総務省・経済産業省といった官公庁と連携して、GIGAスクール構想の実現を後押しする事業を展開します。自治体だけの取り組みでは足りない場合、民間企業などからの支援協力を求めることもあるでしょう。

 

学校側の取り組み

学校側もGIGAスクール構想の実現に向けた取り組みが必要です。まず校内LANの構築が不可欠でしょう。とくに全校生徒がどこからインターネットに接続しても通信が遅くなったり途切れたりしない高速ネットワークの整備が必要です。

学習者用の端末やパソコンを導入し、使用するアプリなどに対応しているかどうかを確認しましょう。GIGAスクール構想ではクラウドを活用することが推奨されています。クラウド型アプリケーションを使用することでより教育の幅が広がります。クラウドで校務や成績管理、学校事務などを行うことができれば、教員の負担も大幅に軽減されるでしょう。

クラウドを活用する場合には誰が情報にアクセスできるか、情報漏洩をどのように防ぐかといったセキュリティ対策も必要です。何よりも今から使用できるICTを活用することを推奨できます。今でもデジタル教材やプレゼンテーションソフトなどは使用可能です。今からICTに慣れておくことにより、GIGAスクール構想実現後もスムーズに移行できるでしょう。

学校内に教育ICT担当者を決め、GIGAスクール構想の実現への取り組みを牽引・サポートしてもらうことをおすすめします。

パンドウイットがGIGAスクール構想で注目される理由

このGIGAスクール構想において注目を集めているのがパンドウイットです。というのも、パンドウイットは長年にわたりすでに世界の国々でネットワークコネクティビティを提供しており、高い評価を得ているからです。コネクタ部門では国内随一のシェアを誇り、日本国内だけで45年もの活動実績があります。

効率的かつ高品質な作業によって各種アワードも受賞しています。もちろんGIGAスクール構想向けの配線構成も有しており、いつ依頼があってもすぐに対応可能です。GIGAスクール構想では校内での高速ネットワークの整備が必要ですが、パンドウイットでは耐ノイズ性に優れ次世代10ギガビットイーサネット対応のCat6Aの施行にも対応できます。

こうした理由からパンドウイットは、GIGAスクール構想の実現を強力に後押しできる企業として、注目されているのです。

***

GIGAスクール構想は日々変化する社会に適応できる能力を備えた人材を育成するためのシステムです。子供たち一人ひとりの個性を伸ばし、より創造性のある大人へ成長するために、今後数年間にわたって取組みが続けられていきます。まさにGIGAスクール構想が新時代の教育を作っていくのです。

とはいえ、まだまだ課題は残っており、GIGAスクール構想を実現するためには、国、自治体、学校、民間企業が協力する必要があります。その点でパンドウイットは新時代の教育を実現する後押しをする企業として今後も注目されていくでしょう。