配線ダクトにはどんな種類がある?それぞれの特徴について|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

配線ダクトにはどんな種類がある?それぞれの特徴について

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

オシャレな美容院やファッションショップ・カフェなどの店舗には、配線ダクトを用いて華やかな照明器具を取り付けているところをよく見かけます。近年では、自宅でも配線ダクトを用いて照明器具を取り付ける家庭が増えています。家庭用としての配線ダクトの需要が高まり、メーカーもさまざまな種類の配線ダクトを用意しています。

今回は、その配線ダクトの種類や特徴について、詳しくご紹介します。

配線ダクトとは?

配線ダクトとは、照明器具を取り付ける装置のうちのひとつ。多くの電線を安全にまとめて、整理するために用いられる管状の設備です。配線ダクトの他の呼び方として、「ライティングレール」や「ダクトレール」と呼ばれることもあります。

基本的に天井に設け、スポットライトやペンダントライトなどの照明器具を取り付けることができます。

配線ダクトの大きな特徴としては、レール上のほぼどこにでも照明器具を取り付けることができるということがあげられます。また、取り付けできる照明はひとつだけではなく、複数個設置することも可能です。配線ダクトに取り付けられる照明器具もとても幅広く、さまざまな照明器具をインテリアに合わせて取り揃えることができます。

近年では、一室多灯のインテリアがトレンドです。

例えば、お部屋の天井中央にライトをひとつだけ配置するという方法が、これまでは一般的でした。しかし、配線ダクト(ライティングレール)を用いて複数の照明器具を設置する方が、スタイリッシュなインテリアが実現できます。そうすることで、まるでオシャレなカフェにいるかのようなお部屋が完成します。

つまり、配線ダクトを使用することで、カフェのような立体的な照明効果のある空間を演出することができるようになるのです。

配線ダクトの種類

配線ダクトには、材質、色などさまざまな種類があります。使用する場所や照明器具によって、適切なものを選びましょう。

 

天井直付け形

主な配線ダクトはこの形になります。取り付けのための接続キャップはL形やT形・十字形など種類が豊富なので、自由な形に配列させることが可能です。最も多く使用されているので、取り付けも簡単に行うことができます。

 

天井埋込形

天井に直接埋め込むダクトです。直付け形と異なり、天井をすっきりと見せることができるので、よりオシャレな室内空間を実現することが可能です。こちらは接続キャップにはあまり種類がないので、設置はやや難しくなります。

 

吊り下げ(パイプハンガー)形

吊り下げ形は、天井が高い場合に使用するタイプです。この配線ダクトを使用することで、照明器具の取り付け高さを低くすることができます。長さは1.5mの範囲内で切断することが可能なので、照明器具の取り付け高さを調整できます。

 

簡易取り付け形

ほとんどの家庭にある「シーリング」や「ローゼット」と呼ばれる電気配線の接続部分に設置が可能です。こちらは取り付ける照明器具などに荷重制限があるので注意が必要です。

長さが1m~1.5m程であれば、片側だけで2.5~3kg。合計で5~6kgほどの制限があります。

配線ダクトの設置方法には、たくさんのバリエーションがあります。電線さえ確保ができれば、さまざまな配置で配線ダクトを取り付けることが可能です。配置を変えることで、オリジナリティ溢れる室内空間を彩ることができるでしょう。

配線ダクトの長さ

 

基本的な長さ

配線ダクトの長さは1m単位で、基本的には3mくらいの長さです。メーカーによっては4mほどの長さのダクトもあります。

 

好きな長さにカット可能

ダクトはさまざまな長さで販売されています。ただ、自分の部屋ではこんなに長いダクトはいらない、なんてこともしばしば。基本的には、配線ダクトはどのメーカーであっても、自分で適当な長さに切断して使用することが可能です。

カットする際はノコギリを使って切断を行います。カットする際は「通線孔の面でカットする」ということが大切です。通線孔の面でカットして使用する事で「何かに引っ掛かりダクトが割れる」「指を切る」などのアクシデントを防ぐことができます。

まとめ

配線ダクトにもさまざまな種類があり、それぞれの用途に合った特性があります。また配線ダクトを用いた照明は、美容院やファッションショップ・カフェの店舗などだけでなく、自宅のインテリアとしても活用され始めました。

ただ、ダクトレールはデザインが選べなかったり、基本的には白・黒の2色だけであるというのがデメリットといえます。しかし、配線ダクトはこのデメリットが気にならないくらい、さまざまな使い方ができます。

自分の生活や用途に合った配線ダクトを使って、生活の質をアップさせましょう。

👉配線ダクト商品一覧はこちら