USBハブの選び方を解説!注目すべき3つのポイント

USBハブは、パソコンやゲーム機についているUSBポートを増設したいときに役立つアイテムです。USBハブを利用すれば、USBポートを2個、3個と増やすことができるため、一度に複数のUSB機器を接続できるようになります。

ただ、USBハブは製品によって機能やスペックが異なります。購入するときは用途や目的に合わせて選ぶ必要があります。こちらではUSBハブの選び方や、主な種類とUSBの規格について解説いたします。

USBハブの選び方3つのポイント

USBハブは、製品によってポート数や電源供給方法、USBの規格などに違いがあります。適当に選ぶと後悔するかもしれません。選び方のポイントをしっかり押さえておきましょう。

こちらでは、USBハブの正しい選び方を3つのポイントに分けてご紹介いたします。

 

USBポートの数で選ぶ

USBハブの接続ポート数は、3つ以下と少ないものもあれば、20個以上接続できるものもあります。

基本は接続する機器の数に合わせて選びますが、一般的にポート数が多くなるほどUSBハブのサイズも大きくなり、幅を取るようになります。逆に、接続機器に対してポート数が少なすぎると、いちいち機器を入れ替えなければならず、余計な手間がかかってしまいます。

まずは、接続したい機器の数を確認し、最低でもどのくらいの接続ポート数が必要なのか、事前に調べておきましょう。

 

電源供給方式で選ぶ

USBハブの電源供給方式は、大きく分けると「バスパワータイプ」と「セルフパワータイプ」の2つがあります。

バスパワータイプとは、パソコンなど接続する端末のUSBポートから電量を供給するタイプです。USBハブを端末に繋ぐだけでOKなので、場所を問わずどこでも使えるところが特徴です。ただ、端末から供給される電源は少ないため、複数または消費電力の多い機器を接続すると、動作が不安定になったり、接続機器が認識されなかったりする場合があります。

一方、セルフパワータイプはACコンセントから電源を確保するタイプなので、電力供給不足に陥る心配がありません。コンセントのない場所では使えないなど、利便性ではバスパワータイプに劣りますが、動作が安定しているため、一度に複数の機器を接続する場合や、プリンタ・スキャナーなど消費電力の多い機器を繋ぐ場合は、セルフパワータイプを選びましょう。

なお、最近は用途に応じて電源供給方式を切り替えられる共用タイプのUSBハブも発売されています。

 

USB規格で選ぶ

USBは規格によってデータの転送速度が異なります。

少量のデータならUSB規格を気にする必要はありませんが、写真や動画、音楽など大容量のデータを快適に転送するには、速度の速いUSB規格を選ぶ必要があります。

USB規格について、詳しくは後述します。

USBハブの主な種類

USBハブは、コネクタの形状によって大きく3つの種類に分類されます。

対応しているコネクタは端末によって異なります。事前にコネクタの形状をチェックしておきましょう。

 

Type-AのUSBハブ

平べったい長方形をしたType-Aのコネクタに対応しているUSBハブです。

多くのパソコンはType-Aコネクタに対応しているため、パソコンに接続する場合はType-AのUSBハブを選べば問題ないでしょう。

 

Type-CのUSBハブ

平べったい楕円形の形をしたType-CコネクタのUSBハブです。

最新のiPadやMacBookなどで使用できます。

 

Micro-BのUSBハブ

小さな台形に近い形をしたMicro-BコネクタのUSBハブです。

ほとんどのアンドロイド端末と接続できますが、iPhoneは対象外なので注意しましょう。

USBの規格による違い

USBハブは、製品によって使用しているUSB規格が異なります。

USBの規格は「2.0」「3.0」などの数字や、「Gen」の有無などで表されます。

こちらでは、USB規格による違いを2つのポイントに分けてご説明いたします。

 

数字が大きいほど通信速度が速い

USB規格は、数字が大きくなるほど通信速度が速くなります。

たとえば、かつて主流だったUSB2.0の転送速度は480Mb/秒でしたが、USB3.0やUSB3.1はおよそ10倍にあたる最大5Gb/秒の高速転送に対応しています。写真や動画などの大容量ファイルも短時間で転送できるため、通常はUSB3.0または3.1のハブを選ぶのがおすすめです。

ただし、USB3.0の高速転送を実現するには、接続する端末(パソコンやプリンタなど)もUSB3.0に対応している必要があります。USB3.0は2008年に誕生した規格です。最近の機器であればほぼUSB3.0に対応していますが、古い機種の中にはUSB2.0にしか対応していないものもあります。

USB2.0対応の端末にUSB3.0のハブを接続しても、データを高速転送することはできないため、注意しましょう。

 

Gen1とGen2の違い

USB3.1には、「Gen1」「Gen2」の2種類があります。

Genとは「Generation(世代)」の略称で、Gen2はGen1をさらに進化させたものです。

USB3.1Gen1の実用転送速度は最大で5Gb/秒ですが、Gen2では10Gb/秒の超高速転送に対応しています。

なお、USB3.1Gen1は数字こそUSB3.0より大きいですが、仕様は同じです。USB3.0よりも高速転送したいのなら、USB3.1Gen1ではなく、Gen2のUSBハブを選びましょう。

***

USBハブは製品によってポート数や電源供給方式、転送速度などに違いがあります。

用途に合わないUSBハブを使用すると、利便性や快適性が失われます。接続する機器の数や、転送するファイルの容量などに合わせ、慎重に選びましょう。