More Meaningful Connections

結束工具の使い方をわかりやすく解説

結束バンドの中でも、ステンレスなどの金属でできている製品は、素手で十分に締め付けることができません。そこで役立つのが、金属製の結束バンドを締め付けたり、余った部分をきれいにカットしたりできる結束工具です。 こちらでは、結束工具の種類や使い方、利用時の注意点を押さえていきましょう。

結束工具には電動タイプ・手動タイプがある

まずは結束バンドの本来の使い方をおさらいしておきましょう。

結束工具には、電動タイプのものと、手動タイプのものがあります。電動タイプの結束工具は、ステンレスバンドの締めあげからカットまで、一連の作業を一動作で終わらせることができます。

一方の手動結束工具は、まず自分の手で固定したい場所にステンレスバンドを軽く巻きつけてから、工具を使って結束バンドを強く締めあげたり、余剰部をカットしたりするものです。

なお、手動タイプは形状の違いでさらにいくつかの種類に分かれ、ドライバーのような形のもの、トリガーの付いたペンチのような形状のものなど、予算や使用する場所によって使い分けることができます。

結束工具を使う場面

結束工具を使う場面は、結束バンドの固定数によって決めることをおすすめします。基本的に、工場など、業務用途で毎日大量の結束バンドを使う必要があるシーンでは、小さな労力で結束バンドを固定できる電動タイプの結束工具が圧倒的に便利です。

しかし、電動タイプは手動タイプに比べて価格も高く重量もあるため、DIYでご家庭のネットワーク配線をする場面なら、手動の結束工具を使ったほうがいいでしょう

結束工具の使い方と注意点

トリガーを備えた結束工具の基本的な使い方は、以下のとおりです。

*自分の手を使ってステンレスバンドを取り付けたい場所に巻き、軽く締め付ける
*結束工具のノブを回して締め付けテンションを設定する
*ステンレスバンドの端を結束工具の先端に差し込み、トリガーを引いて指定のテンションまで締めあげる
*切り替えレバーを押し、余ったバンドをカットする

商品によっては、ノブを回すことで際限なくテンションをかけられるものもあるため、締め付けすぎに注意しましょう。

また、締め付け・カットの両方を備えた結束工具は、多くの場合「バンドを差し込む方向」が決まっています。方向を間違えると適切にバンドを締め付けることができません。方向を間違えた場合は、トリガーを引いてテンションをかけずに、バンドをいったん取り外しましょう。

***

結束工具を使えば、短時間で大量の結束バンドを取り付けることができます。家庭用なら手動タイプ、工場などでの利用なら電動タイプを選んで、結束バンドの取り付け作業を効率化しましょう。