More Meaningful Connections

ケーブル整理に役立つ「スパイラルチューブ」の使い方

複数のケーブルに巻きつけて使うスパイラルチューブを活用すれば、からまりやすいケーブルやコードもすっきり整理できます。スパイラルチューブは柔軟性だけでなく耐候性、耐薬品性に優れ、屋内や屋外でも使用できるものです。

本記事では、ケーブル整理に役立つ「スパイラルチューブ」の使い方をご紹介します。

スパイラルチューブの使い方

スパイラルチューブは弾力性のある素材でできており、しなやかな素材を活かして産業機械のケーブルやチューブとして使用されています。また電線の保護や結束といった目的をはじめ、ケーブル類の収納や整理にも活用されています。

ケーブル整理に用いる場合は、まとめたいケーブルを1つに束ねて外側をぐるぐるとチューブで巻きつけるだけなので、難しい技術も必要なく簡単です。

スパイラルチューブの特徴

スパイラルチューブの「スパイラル」とは英語でらせんを意味しており、くるくると渦巻きのように巻き付いたチューブのような形状に特徴があります。

スパイラルチューブの素材はプラスチックのほか、ナイロン製、ポリエチレン製、フッ素樹脂など、さまざまな素材が使われています。

プラスチック製は弾力性に富んでおり、ナイロン製は耐候性、耐摩耗性、耐薬品性に優れています。またポリエチレン製は柔軟で使いやすく、フッ素樹脂は耐熱性や耐薬品性に優れた素材です。

スパイラルチューブと似た部品に、コルゲートチューブと呼ばれる部品があります。コルゲートチューブもコードのような形状をしていますが、半割の形状をしています。

スパイラルチューブは巻き付けるようにして使用しますが、コルゲートチューブは半分に割れた部分にコードを入れ込むため、巻き付けない点に違いがあります。

スパイラルチューブの選び方

スパイラルチューブは、まとめたいケーブルの本数や太さに合わせてサイズを選びます。たとえば、パソコン周りのケーブルを2〜3本まとめる場合には、内径4mmから6mmのスパイラルチューブを使うことで、すっきりとケーブルがまとめられます。

スパイラルチューブは巻き付けながら使うため、あらかじめ長めにチューブを用意しておいたほうがいいでしょう。ケーブルに巻き付け、残った部分はハサミでカットし長さを調節します。

このほか、電線やワイヤー、チューブを摩耗しないよう保護するパーツに「スパイラルラッピング」と呼ばれる部品があります。パンドウイットのスパイラルラッピングは、耐候性に優れ屋外や厳しい環境下でも使用できる製品です。

材質は(ポリエチレン、耐候性ポリエチレン、難燃性ポリエチレン、ナイロン66、耐候性ナイロン66、フッ素樹脂)の7種類があり、7つの寸法(外径3.2mmから25.4mmまで)から選べます。

***

パンドウイットには、今回ご紹介したスパイラルチューブをはじめ、スパイラルラッピングやコルゲートチューブなど豊富な種類が用意されています。ケーブル整理をする場合には、使う場所や用途に合わせてふさわしいチューブを使用しましょう。