LANケーブルとは?選び方やカテゴリなどについて解説

パソコン周りの配線の管理は、つい煩雑になりがちです。会社でパソコンを自分で準備しなければならず、LANケーブルの配線に悪戦苦闘した経験のある人も多いのでは。実は、さまざまな種類があるLANケーブル。

今回は、知って得をするLANケーブルのカテゴリの違いや選び方について解説します。

LANケーブルとは?

LANケーブルとは、簡単にいうと「インターネットを接続するための通信線」のことです。パソコンでインターネットを利用するためには、このLANケーブルが必要不可欠。LANケーブル無しではインターネットは利用できません。近年、頻繁に耳にするようになった「無線LAN」は、このLANケーブルを使わずに電波を介してインターネットを利用する方法です。

LANケーブルの利用方法は簡単です。LANケーブルをパソコンにカチッと音がするまで挿し込むだけ。反対側は、モデムやルーター、ハブなどの通信機器に接続してください。

カテゴリ別の違いを解説

LANケーブルにもカテゴリがあり、どのカテゴリのLANケーブルを使うかによって、回線速度などが変わります。カテゴリ別に特徴を見ていきましょう。

 

カテゴリ5e

日常使いに適したカテゴリ。通信速度も十分で、コストパフォーマンスに優れています。基本的なインターネットの利用環境には十分で、オフィスでの利用も可能です。

■通信速度:1Gbps

■適合イーサネット:10BASAE-T、100BASE-TX、1000BASE-T

■伝送帯域:100MHz

 

カテゴリ6

よりネット環境を快適にしたい人におすすめ。通信速度は5eと同じですが、周波数が5eの2倍まで対応でき、より多くのデータを転送することができます。

■通信速度:1Gbps

■適合イーサネット:10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T、1000BASE-TX

■伝送帯域:250MHz

 

カテゴリ6A

テレビ会議を頻繁に行う人や、テレビやパソコンで動画を見たい人に最適です。通信速度も、今後主流になるであろう10Gbpsに対応しています。

■通信速度:10Gbps

■適合イーサネット:10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T、1000BASE-TX、10GBASE-T

■伝送帯域:500MHz

 

カテゴリ6e

6Aと同じく、動画コンテンツを頻繁に使う人におすすめです。

■通信速度:10Gbps

■適合イーサネット:10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T、1000BASE-TX、10GBASE-T

■伝送帯域:500MHz

 

カテゴリ7

オンラインゲームや業務用サーバーに適しています。通信速度が高く、ノイズ耐性にも優れています。

■通信速度:10Gbps「10G-BASE-T」

■適合イーサネット:10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T、1000BASE-TX、10GBASE-T

■伝送帯域:600MHz

LANケーブルの選び方

 

通信速度(カテゴリ)で選ぶ

自分が使いたいインターネット環境に合わせた通信速度のLANケーブルを選びます。テレワークでテレビ会議を行う機会が多い人は、スムーズに会議を行えるように6A、オンラインゲームのようにタイムラグがあると困る場合は7など、自分がストレスなく使用できるものを選びましょう。

 

タイプで選ぶ

パソコンとルーターやハブなどを接続する場合には、ストレートタイプを使用します。一般家庭では、ストレートタイプで問題ないでしょう。

パソコンとパソコンなど端末同士を接続する場合には、クロスタイプを使用しましょう。

ドアの隙間など小スペースを通す場合には、ケーブル部分が平らでやわらかいフラットタイプがおすすめです。

 

長さで選ぶ

購入前には必ず長さも確認しましょう。短すぎると接続できず、逆に長すぎても通信速度が落ちてしまいます。また、ケーブルには「単線」と「ヨリ線」の2タイプがあります。単線は、丈夫でノイズに強いのが特徴です。その反面、丈夫すぎて扱いにくい面もあります。一方で、複数の細い線を合わせたヨリ線は、やわらかく扱いやすい反面、ノイズの影響を受けやすいというデメリットがあります。

LANケーブルの長さが足りない場合は延長可能?

しっかり測ったつもりでも、いざ接続してみたら長さが足りない。そういった場合は、ケーブルを延長することも可能です。以下の方法を試してみてください。

 

・ケーブルの交換

 もう少し長いケーブルに交換するのが、一番簡単な方法です。

 

・延長コネクタの使用

 手元に余ったLANケーブルがある場合は、無駄なくケーブルを利用できる延長コネクタがおすすめです。

 

・スイッチングハブの使用

 複数のポートがあるハブを利用することで、複数の優先接続が可能になります。

まとめ

意外と知らないLANケーブルのカテゴリですが、数字が大きくなるほど通信速度が速くなります。日常生活で利用することも多いインターネット。不自由なく快適に使えるように、LANケーブルも自分に合ったものを選びたいですね。