More Meaningful Connections

LANケーブルフラットタイプの見落としがちなデメリット

LANケーブルはインターネット接続を有線で確立するのに必要なアイテムです。LANケーブルフラットタイプは、特にドアの下などにLANケーブルを通す場合によく用いられます。メリットが多いように感じられるLANケーブルフラットタイプですが、見落としがちなデメリットもあります。

どの種類のLANケーブルを使うかを賢く決めるために、フラットタイプのデメリットとほかの種類のLANケーブルの特徴についてみていきましょう。

LANケーブルフラットタイプのデメリット

LANケーブルフラットタイプの大きなデメリットは、ノイズの影響を受けやすいという点です。

LANケーブルの中にはシールド加工がなされてノイズを受けにくくしているものもあります。しかし、LANケーブルフラットタイプはシールド加工がしにくいため、電磁波の影響を受けて通信不良を起こす恐れがあります。

同様の理由で長距離の配線には適していません。さらに、非常に薄いため、引っ張られたときの強度という点でほかのLANケーブルに劣ります。

LANケーブルフラットタイプの特徴

LANケーブルフラットタイプのもっとも大きな特徴は、やはりその薄さでしょう。

通常のケーブルと比べて非常に薄いので、部屋の美観を損ねることなく配線することが可能です。さらにその薄さを利用して、カーペットやジョイントマットの下などにも通すことができます。部屋をまたいで配線する場合でも、ドアの隙間などに通せるので大変便利です。

LANケーブルの種類

LANケーブルには主にスタンダード、スリムと極細スリム、フラットと極細フラットといった5つの種類があります。スタンダードはその名のとおりもっとも一般的なLANケーブルで、会社や家庭で安定した通信を実現することができます。ケーブルは柔らかく、敷設しやすいのも特徴です。

スリムと極細スリムは携帯性に優れています。ケーブルが柔らかいので断線しやすいのが難点です。

そして、フラット、極細フラットのLANケーブルは、ケーブル自体が曲げにくいのがデメリットである一方、非常に狭い隙間でも敷設が可能です。ただし薄い分、外部からの力に弱く、断線しやすいということも覚えておきましょう。

***

LANケーブルにはいくつかの種類があるので、どこにモデムがあり、どこにパソコンを置くのかといった条件によって使うケーブルを変える必要があります。断線のしにくさ、ノイズの影響の有無、厚みや太さなど、細かい条件を考慮したうえで最適なLANケーブルを選ぶようにしましょう。