LAN環境を見直すべきタイミング

ルーターやLANケーブルなどLAN環境の機器は通常寿命を意識する必要はありません。しかし、トラブル防止やよりストレスのない通信のためには定期的にLAN環境を見直すべきです。こちらでは、LAN環境を見直すべきタイミングをご紹介します。

通信が遅いと感じる

通信が遅いと感じる場合は、何が原因になっているのか調べましょう。原因が複数ある場合は、LAN環境全体の見直しが必要かもしれません。通信が遅いと感じとまま放置するのは、大きなストレスになります。

インターネットコンテンツは、少しずつ大容量になっていきます。機器に故障や劣化がなかったとしても、インターネットの体感速度は少しずつ遅くなっていくのです。また、古い機器ほど急な動作不良などのトラブルが多くなります。

通信が遅い状態は、セキュリティ面でも不十分であることを意味します。家庭でもインターネットセキュリティが原因で起きた問題は少なくありません。個人情報を守るためにも、パソコンを含めた環境全体の見直しをおすすめします。

長い期間同じ環境を使用している

目立った問題がなかったとしても、長い期間同じ環境を使用している場合は見直しが必要かもしれません。ルーターもケーブルも長期間使用していると急な動作不良を起こす確率が高まります。故障が起きてから環境を再構築しようとすると、インターネットを利用できない時間ができてしまいます。

また、機器の性能は年々向上しているため、環境を見直すとより快適にインターネットを利用できるようになるかもしれません。接続機器に対してCATの低いLANケーブルを使用している場合、LANケーブルを新しくするだけでも通信速度が向上することがあります。

利用する人数が変わったとき

一般家庭、オフィスなど場所を問わず、利用する人数が変わった際にはLAN環境を一度見直してみることをおすすめします。元の環境に継ぎ足して配線を行うと、環境全体が不必要に複雑化してしまうことがあるのです。ハブをいくつも接続するのも基本的におすすめできません。

利用する人数に合わせて最適化されたLAN環境は外観的に美しくなります。余分な線を排除すればメンテナンス性も向上するでしょう。また、必要最低限の長さのケーブルを選ぶことで、通信も安定します。

***

LAN環境を定期的に見直すことで、問題解決や通信品質の向上につながります。通信トラブルが多発しているときや、10年以上同じ環境を使用している場合はLAN環境の機器を新しいものに変えてみましょう。

👉LANケーブル商品の一覧はこちら