More Meaningful Connections

LANケーブル屋外配線のポイント

一般的には屋内で使用されるLANケーブル。一方で、住宅の配線状況によっては「屋外にLANケーブルを引き出したい」と考えている方も少なくないようです。事実、LANケーブルの屋外配線は不可能ではありません。こちらでは、LANケーブル屋外配線のポイントについてお話します。

屋内からの引き出しはコンセントカバーを利用

一般の方にとって、LANケーブルが通過できる穴を壁に空けるのは簡単ではありません。コネクタが通過することを考えると、15mm以上の直系の穴が必要です。通常は、専門の業者に依頼するのが一般的でしょう。

自力でLANケーブルを外に出す穴を空けたい場合は、コンセントカバーを利用します。コンセントカバーを取り外すと、壁の内部が確認可能です。電動ドリルを使用してコンセントカバーと壁の外側の二か所に穴を空ければ、LANケーブルを屋外に引き出せます。LANケーブルと壁の隙間にはコーキング材を詰め、風雨が侵入しないようにしましょう。

当然ながら、賃貸契約の住宅の場合は、無断で壁に穴を空けることはできません。賃貸住宅は退去時の原状回復が基本のため、穴の修理費用を請求されることがあります。

LANケーブルの耐候性に注意

一般的なLANケーブルは屋外での使用が想定されていません。そのため、風雨や紫外線にさらされると、すぐにダメージを受けてしまいます。被覆材のはがれや断線により通信ができなくなってしまうこともあるでしょう。

屋外環境でLANケーブルを使用する場合は、ケーブルに保護が必要です。専用のパーツが一般的に流通しているわけではないため、保護できるものであれば何でもかまいません。一部では、洗濯機のドレンホースなどが保護材として使用されています。

確実な配線は業者に依頼

日頃からDIYを趣味としている方や作業自体が好きな方は、ご紹介したような方法で屋外へのLANケーブル配線を行うのがおすすめです。一方で、自力での配線では不安を感じる方も多いでしょう。確実で安全な配線を期待するのであれば、専門業者に依頼するのが賢明です。

インターネットで「LAN配線」などと検索すれば、地域の専門業者が見つかります。近年はネットワークカメラの需要が増えていることから、屋外LAN配線のサービスを実施している業者は少なくありません。複雑な配線のニーズにも応じてくれるため、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

***

耐候性がないLANケーブルでも、工夫次第で屋外使用できます。屋外のネットワークカメラを接続したい、別の部屋へと屋外の最短距離を通過して配線したい、といった希望も実現可能です。工事が難しいと感じる場合は専門業者に依頼することもできますので、屋外配線の選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

👉LANケーブル商品の一覧はこちら