More Meaningful Connections

サーバーキャビネットに求められる性能

社内に物理サーバーを設置しているのであれば、適切なサーバーキャビネットを導入しましょう。こちらでは、サーバーキャビネットに求められる代表的な性能をご紹介します。サーバーキャビネット選びの参考資料としてお役立てください。

堅牢な物理セキュリティ

ネットワークセキュリティというとシステム上の対策が重要視されます。一方で、盗難や破壊といった物理的な被害への対策も必要なセキュリティ対策です。サーバーキャビネットは、こうした「物理セキュリティ」の面でも信頼できる設計になっている必要があります。

サーバーの重要性を考えると、金庫のような鍵は決して不必要ではありません。多くのサーバーキャビネットが、物理キーで施錠できる鍵を扉に搭載しています。扉にラッチ機構が採用されているものであれば、セキュリティを維持しながらストレスのない開閉ができます。

災害を意識した設計

日本では、大型地震が相次いでいます。各企業では、データやシステムを維持するための取り組みとして災害対策が一般化しました。大きな揺れはサーバーに物理的な障害をもたらします。サーバーキャビネットにも、例外なく地震を意識した設計が求められます。

天井への支えや壁に固定するアタッチメントがあれば、自身によって倒れる確率を軽減できます。キャビネットそのものが高い耐震性能を有していることも重要です。強力な揺れの際も、サーバーを守る砦として機能します。

パフォーマンスを低下させない快適性

当然ながら、サーバーラックとしての利便性も求められます。レイアウトの変更やメンテナンスなど、配線に手を加えなければならない機会は頻繁に訪れます。作業を妨げないように、ケーブルの周囲には十分なクリアランスが必要です。

また、サーバーのパフォーマンスを低下させないためには、熱対策も重要です。放熱用にパンチングが施された扉であれば、閉めても熱がこもりません。ファンやエアシールドなど、冷却用のオプションパーツを搭載できるキャビネットもあります。

***

高性能のサーバーキャビネットは堅牢であると同時に、熱対策やメンテナンス性に優れサーバーのパフォーマンスを低下させません。万が一の事態に安心なだけではなく、日常的にサーバーの効率の良い稼働が期待できます。パンドウィットコーポレーションでも、上述した基準を満たしたサーバーキャビネットを展開中です。あらゆるケースを想定し、信頼の置けるサーバーキャビネットを導入してください。