部屋をまたぐLANケーブルの簡単な配線方法

インターネットに接続するために無線LANを使っている方が多いですが、なかにはモデムからLANケーブルを使ってインターネット接続を確立している方もいます。しかし、LANケーブルが部屋をまたぐ場合、どのように配線したらよいのかがわからないと通信ができません。

そこで今回は、部屋をまたいでLANケーブルを配線したい場合にどうすべきかについてご紹介します。

LANケーブルを部屋にまたがせるときに使える製品

LANケーブルが部屋をまたぐ場合、いろいろなグッズを使って配線することができます。もしLANケーブルを配線するとドアが閉まらなくなってしまう場合は、極薄ケーブルを使用してみるのがおすすめです。通常のLANケーブルよりも薄い1.2mmや1.0mmのLANケーブルを使えば、ドアが問題なく開け閉めできる可能性があります。

さらに、アルミ強化フラットLANケーブルを使えば、ドアや窓を通して配線することも可能です。壁や床のLANケーブルが目に付くという方は、配線モールを使って上手に隠すこともできるでしょう。

無線LANよりも有線LANが好まれる理由

無線LANはケーブルが必要ないといったメリットがありますが、より多くの人から好まれているのは有線LANです。その大きな理由は、通信の安定性にあります。

無線LANの場合、障害物や電磁波の影響を受けやすく通信に影響が出ることも珍しくありません。しかし、有線LANであればモデムからの距離に関わりなく安定して通信できます。さらに、有線LANはケーブルを通しての通信であるため、他者からの干渉を受けにくくセキュリティ面でも優れています。

LANケーブルで部屋をまたぐときの注意点

部屋をまたいでLANケーブルを配線する場合、もっとも注意すべきことは配線間違いです。配線を間違えてしまうと通信が行えないだけでなく、ネットワーク全体がダウンしてしまう恐れがあります。業者に依頼すれば配線間違いはほとんど起こりませんが、個人でLANケーブルを配線する場合にはつなぎ間違えのないように十分注意しましょう。

もし賃貸住宅で壁に穴をあけたり、大規模な工事になったりしそうな場合には、管理会社や大家さんに確認を取っておくと安心です。

***

LANケーブルが部屋をまたぐことは、かなり専門的な作業に思えるかもしれませんが、DIYで比較的簡単に行えるものです。ちょっとした工具と製品さえあれば誰でも配線が可能なのです。自分にとって快適なインターネット環境を作り上げるために、時間をつくって作業してみるのもよいかもしれません。

👉LANケーブル商品の一覧はこちら