Cat8(カテゴリ8)のLANケーブルは不要?Cat8のデメリットまとめ|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

Cat8(カテゴリ8)のLANケーブルは不要?Cat8のデメリットまとめ

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

現在、最新の通信規格であるCat8に対応しているインターネット回線は多くはありません。そのため、快適にインターネットとオンラインゲームを楽しみたい場合は最新のCat8を選ぶ必要はなく、Cat6でも十分に安定した高速通信が可能です。

今回は、最新規格であるCat8のデメリットを解説するとともに、LANケーブルのCatの違いやシールド、種類を解説します。さらに、LANケーブルを買い替えても通信が高速にならない場合の対処法についても解説します。

LANケーブルのCat(カテゴリ)の違い

LANケーブルにはそれぞれ「Cat(カテゴリ)」と呼ばれる通信規格があります。通信規格の数字によって最大通信速度や伝送帯域が異なり、数字が大きいほど高速通信が可能です。それぞれのCatの最大通信速度と伝送帯域は以下の通りです。

Cat(カテゴリ)

最大速度

伝送帯域

Cat5

100Mbps

100MHz

Cat5e

1Gbps

100MHz

Cat6

1Gbps

250MHz

Cat6A

10Gbps

500MHz

Cat7

10Gbps

600Mbps

Cat8

40Gbps

2000MHz

 

現在、インターネット業者の契約の最高速度は5Gbpまでです。上の表を見てもわかる通り、5GbpまでならCat6Aの規格で十分性能を引き出せます。

ケーブルが高性能でも、インターネット通信に対応していなければ意味がありません。ただケーブルの性能にこだわるのではなく、インターネット通信に対応しているLANケーブルを選ぶことで快適にインターネットを利用できます。

LANケーブルのシールドについて

LANケーブルには、STPとUTPの2種類のシールドがあります。シールドとはノイズ対策のためにLANケーブルに巻き付けるアルミ箔のようなもので、シールドが施されているのがSTP、施されていないのがUTPです。家庭で使用する際はノイズに大きな影響を受けることは少ないため、家庭で使用する場合は価格が安く入手しやすいUTPがおすすめです。

Cat8の主なデメリット

Cat8は現在発売されているCat(カテゴリ)の中で、最も性能が高いCatです。しかし、Cat8が家庭で使われることはほぼありません。なぜなら、Cat8は家庭に向かないSTPケーブルのみしか無いためです。

また、現状ではCat8の速度に対応しているインターネット業者がありません。もちろん、将来的には対応する可能性もあります。しかし速度を確認する方法もなく、値段が高いためCat8は家庭での使用には適していません。家庭用であれば、Cat6A以上で十分の速度が出て快適にインターネットを利用できます。

ケーブルの種類と用途について

ケーブルには、カテゴリやシールド以外にも種類があります。ケーブルの他の違いは大きく分けて形状と芯線の2つです。形状と芯線それぞれの種類と違いを解説します。

 

ケーブルの形状による違い

ケーブルには、「スタンダード」「スリム」「フラット」があります。

固く耐久性の高いスタンダードは、安定して速度を出したい場合に最適です。もちろん、スリム、フラット、極細にも曲げ伸ばしができてケーブルの距離が長い場合に使いやすいなどのメリットがあります。それぞれの形状の特徴を把握し、用途によって使い分けましょう。

 

ケーブル内の芯線による違い

ケーブル内の芯線には、「単線」と「より線」があります。

単線は通信速度が安定しやすいものの、曲げにくいため配線に工夫が必要です。一方でより線は柔らかく曲げやすいものの、単線に比べて安定性が劣ります。

単線とより線には、それぞれ通信速度や使いやすさにメリットとデメリットがあり、使い分けなければなりません。しかし、パンドウイット製品なら柔らかく、安定性が高いケーブルも取り扱っています。ぜひLANケーブルを購入の際は、単線とより線の両方のメリットがあるパンドウイット製品をお選びください。

ケーブルを変えても速度が向上しない場合の対処法

新しいケーブルを購入したけど、速度が出ない……とお困りの方はいませんか?ここからは、ケーブルを変えても速度が向上しない場合の対処法をご紹介します。

 

モデムの問題の場合

回線が早くても、モデムが古ければ速度は出ません。そのため、モデムが古い場合はモデムの見直しが必要です。まずは、モデムと室内機器を再起動しましょう。それでも速度が改善しない場合は、インターネット契約を見直す必要もあります。この場合は、一度契約中のインターネット通信会社に問い合わせてみましょう。

 

PC・ゲーム機の問題の場合

PCやゲーム機に問題がある場合は、OSを最新の状態にすると改善することがあります。

また、パソコンやゲーム機の容量が少ないと、通信速度が遅くなることもある他、ユーザーのアクセス過多やインターネット業者の通信障害などの原因も考えられます。定期的にOSのアップデートと不要なファイルを削除して、速度が低下しないようにしましょう。

インターネットとゲームをする時のオススメLANケーブル

家庭でインターネットを使う機会が多いのは、インターネットを使用した業務とゲームです。インターネット、ゲーム別にオススメのLANケーブルをご紹介します。

 

インターネットにオススメのLANケーブル

近年はテレワークを導入する企業も増えており、家庭でも安定したインターネット通信を求める人が増えています。快適にテレワークをしたい場合は、無線LANより有線LANがおすすめです。なぜなら、無線LANは有線に比べて通信が不安定になりやすいためです。パンドウイット製品のUTPケーブルを使い、安定した通信を実現しましょう。

 

ゲームをする際にオススメのLANケーブル

オンラインゲームでは不安定な通信は命取りとなるため、高速かつ安定した通信が必要です。

しかし、Cat(カテゴリ)が高ければ通信速度が速くなるというわけではありません。なぜなら、ゲーム機が通信速度に対応していないと、どんなにCatの通信速度が速くても速度が速くなることはないためです。

PCとPS4の主な規格は、1Gbpsの1000BASE-Tに対応しています。これらの規格はCat5以外であれば対応可能です。つまり、わざわざ価格の高いCat8を買う必要はありません。

パンドウイット製品のケーブルであれば、十分に実力を発揮できて安定した高速通信が可能です。

LANケーブルを使う際の注意点

一般的に、光回線は屋外から室内の装置につなぎ、さらに室内の回線通信から室内のルーターにつないだ上でパソコンやゲームにつなぎます。つまり、LANケーブルは室内の回線装置からルーターにつなぐケーブルと、ルーターからパソコン、ゲーム機器につなぐケーブルの2本が必要です。そのため、ルーターからパソコン、ゲーム機器へのケーブルだけ変えても速度は変わりません。LANケーブルを変える際は、両方のLANケーブルを変えましょう。

ただし、現時点では高価なCat8を複数用意するのは現実的ではありません。価格が安く安定した高速通信が可能なCat6以上のLANケーブルを購入しましょう。

Cat(カテゴリ)が高いケーブルを買えばいいは間違い?

最新のCat(カテゴリ)であるCat8のLANケーブルは、家庭での使用にはおすすめできません。なぜなら、現状のインターネット使用には性能が高すぎて無駄になるためです。さらに価格も高く、現状で購入するメリットはありません。

家庭用のLANケーブルには、パンドウイット製品がおすすめです。なぜなら、パンドウイット製品は種類が豊富で、用途に合わせて選べるためです。LANケーブルを購入する際は、ぜひパンドウイット製品のLANケーブルをお選びください。

👉LANケーブル商品一覧はこちら