LANケーブルで通信速度が変わる?ネットを高速で使うための選び方|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

LANケーブルで通信速度が変わる?ネットを高速で使うための選び方

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

通信速度

今や生活に欠かせないほど普及したインターネット。インターネットに接続するために必要な道具の一つにLANケーブルがあります。これ一つで通信速度が変化するため特に大切な道具です。LANケーブルは規格によって対応している最大通信速度が違うため、種類によって通信速度が変化します。

本記事では、ネットを高速で使うためのLANケーブルの規格や、選び方をご紹介します。

LANケーブルと通信速度の関係

 LANケーブルの規格は「Cat(カテゴリ)」と呼ばれています。このCatにより、通信速度が異なります。具体的には、Catの数字が多くなるほど通信速度及び周波数の性能が向上します。そのため、Catの数字が大きいLANケーブルを選ぶことで通信速度が速くなり、快適にインターネットが利用できます。ただし、ルーターの通信速度を最大限引き出すには、最大通信速度に対応したLANケーブルを選ぶことが重要です。

LANケーブルのCat(カテゴリ)と特徴

LANケーブルの規格を表すCatは、使用用途に応じた数値を選ぶことが大切です。なんとなく選んでしまうと、買い替えをおこなう必要があり、費用が無駄になりかねません。

そこでここからは、一般的に使用されているCat6・7・7A・8の特徴をご紹介します。

 

Cat6(カテゴリ6)

最大通信速度

10Gbps

周波数

250MHz

家庭で使用する際に一般的なカテゴリがCat6です。Cat6の最大通信速度10Gbps、周波数250MHZです。

コスパ重視の方におすすめしたいカテゴリになります。

 

Cat7(カテゴリ7)

最大通信速度

10Gbps

周波数

600MHz

Cat7はCat6と最大通信速度は変わりませんが、周波数が大きいため、さまざまな場面で使いやすいカテゴリです。そのため、業務用のサーバーを使っています。大容量通信が求められるオンラインゲームのプレイヤーにもおすすめです。ノイズ耐性が強く、性能が高いという特徴があります。

 

Cat7A(カテゴリ7A)

最大通信速度

10Gbps

周波数

1000MHz

Cat7Aは、Cat7がバージョンアップされて、より周波数の高くなったCatです。通信の安定性がさらに高くなっており、主に業務用で使われています。通信の安定性を重視したい方におすすめです。

 

Cat8(カテゴリ8)

最大通信速度

40Gbps

周波数

2000MHz

現時点で最新のCatであるCat8は、高速で安定したネット通信が可能となりました。これまでのCatに比べ、かなり高性能となっており、主に業務用で使われています。最大通信速度や周波数とともに、ノイズ耐性も高いため、データセンターなどでも使用されています。

ネット回線を快適に!LANケーブルの選び方

ここまでご紹介した通り、LANケーブルには規格があり、特徴や適した使用用途が異なります。そのため特徴を知ってからLANケーブルを選ぶことで、インターネットを快適に使用できます。

 

用途に合った通信速度を選ぶ

例えば、日常で使うインターネットの利用を快適にしたい場合には、Cat6(カテゴリ6)がおすすめです。さらに、パソコンやテレビなどにインターネットを接続し、動画視聴を楽しみたい方はCat7(カテゴリ7)またはCat7A(カテゴリ7A)が、業務用サーバーやオンラインゲームをプレイする際にはCat8(カテゴリ8)が適しています。

 

使用環境に応じて形状を選ぶ

速度だけでなく、使用環境に応じて形状を選ぶことも重要です。配線のしやすさ、他ケーブルへ及ぼす干渉の有無などが変わってくるため、LANケーブルを配置する際の使用環境も確認しておきましょう。

ここからは主なLANケーブルの形状と特徴をご紹介します。

形状

特徴

スタンダードLANケーブル

・太い銅線で断面が丸い。

・一般の家庭でよく見られるタイプ。

・安定性があり通信ノイズの影響を受けづらい。

極細LANケーブル

・狭い場所やケーブルが混雑するような場所で役立つ。

・スタンダードタイプより細い。

巻取りケーブル

・ケーブルをコンパクトに収納できる。

・持ち運び可能で会議や旅行の際にも役立つ。

フラットタイプ

・スタンダードタイプより細い。

・狭い場所やケーブルが混雑するような場所で役立つ。

クロスLANケーブル

・PC同士を直接結ぶためのLANケーブル

 

PoEケーブル

・電力線ネットワークに対応

・PoE対応機器へ電力を供給できるため電源の確保が不要

光ファイバー

・光の速度でデータを伝送できる

・外部からノイズの影響を受けにくく安定した高速通信が可能

 

まとめ

LANケーブルの選び方でネット環境は大きく変わります。Cat(カテゴリ)にも種類があり、様々な用途に合わせて選ぶことで快適なネット環境になります。

ネットの速度が遅い場合は、ルーターの最大速度に合ったLANケーブルになっているか確認してみてください。

👉LANケーブル商品一覧はこちら