パソコンからUSBが抜けないときの対処法を分かりやすく解説

パソコンをお使いであれば、USBポートを使う機会もかなり多いでしょう。USBポートはUSBメモリやほかの周辺機器をUSBでつないで使えるため非常に便利です。しかし、時折パソコンからUSBが抜けなくなるトラブルに見舞われることがあります。無理やり引き抜くとデータやUSBポートが損傷してしまう恐れがあるので絶対にしてはいけません。とはいえそのまま放置することもできないでしょう。ではUSBが抜けなくなってしまったときの対処法やその原因について解説していきます。

パソコンからUSBが抜けないときの対処法

パソコンからUSBが抜けなくなったときに慌てず対処するためには、USBが固定される仕組みについて知っておく必要があります。USBメモリなど端子の部分をよく見ると、差込口の銀色の部分に2つ穴が開いているのに気づくでしょう。

この銀色の部分がUSBポートに差し込まれると、ポート内にある突起に引っかかって固定されます。銀色の部分にある穴の深さは端子によって異なるため、場合によってはUSBが抜けなくなってしまうことがあります。つまりこの突起を端子の穴から外せばUSBを引き抜けるのです。

そこで、USBポートよりもやや幅が狭く、端子の上端とUSBポートの上端の間の隙間から入るくらいのプラスチック製のものを用意します。それをUSBとポートの隙間から差し込んで内部の突起を外せばUSBが抜けます。このときのプラスチックが入りにくければ親指でぐっと押し込めば奥まで差し込むことができるでしょう。

プラスチックが分厚いとUSBポートに差し込むことができないため、不要になったテレホンカードやポイントカード、プリペイドカードなどをUSBの幅に切って使います。ある程度の硬さがないとUSBポートに差し込むことができません。柔らかすぎる素材は使わないようにしてください。

またあまり幅を狭く切りすぎると2つの突起を両方同時に外せないため注意が必要です。もしこの方法を試してもUSBが抜けない場合には、無理をせずに修理業者に依頼したほうがよいかもしれません。

パソコンからUSBが抜けなくなる原因とは?

ではそもそもなぜパソコンからUSBが抜けなくなることがあるのでしょうか。さまざまな原因が考えられます。

 

原因1. USB接続部分の変形

1つの理由はUSBの接続部分が変形してしまっているという点です。とくにパソコン側のUSBポートが内部で変形してしまうとUSBが抜けにくくなります。

通常の使用でパソコンのUSBポートが変形してしまうことはありませんが、USBポートにUSBメモリを挿したまま強い力を加えるとポートが変形してしまう恐れがあります。ノートパソコンを床に置いたままUSBメモリを踏むことのないように細心の注意を払いましょう。

できるならUSBポートに端子がささったままノートパソコンを持ち歩くのも避けたいところです。

 

原因2. USBポートのホコリ

続いてUSBのポートにゴミやホコリが詰まっている場合もUSBが抜けにくくなります。USBポートはカバーが付いていないので知らないうちにホコリが入り込んでしまうことがあります。そのまま放置しているとUSBの接続不良を起こすだけでなく、USBが抜けなくなります。

定期的にUSBポートを清掃することで快適に使い続けることができるでしょう。USBポートは狭いため、綿棒などを使って掃除すると逆にポートを傷めてしまう恐れがあります。専用のUSBポートクリーナーを使って掃除することをおすすめします。

パソコンからUSBがすぐ抜けてしまう場合は?

パソコンからUSBが抜けなくなるのは問題ですが、逆にUSBがすぐに抜けてしまうというケースもあります。こちらはUSBの接続がいきなり切れてしまうので、場合によっては非常に大きな問題になり得ます。大事なデータが失われてしまうなどということにもなりかねません。

では一体なぜパソコンからUSBがすぐに抜けてしまうのでしょうか。もしかするとUSBポートの欠損によってUSBが固定されず、抜けやすくなっているのかもしれません。もしUSBポートが破損しているのであれば、業者に依頼して修理してもらうことが必要でしょう。

一方USB端子をしっかり固定したいのであれば、いろいろなアイテムが販売されています。たとえばUSBホールドロックは粘着つき面の働きでUSB端子をパソコンに固定します。パソコンからUSBが抜け落ちてしまうと、悪意の第三者によってUSBポートが知らぬ間に利用される恐れもあります。できるだけ早く対策を講じ、自分のパソコンを守るようにしましょう。

***

USBポートは普段から使用する頻度が高いうえに、それほど丈夫に作られているわけではありません。そのためUSBポートは大事に使って長持ちさせることが重要です。USB機器をつないだままノートパソコンを持ち歩かない、床にノートパソコンを置かない、定期的に清掃するなどの方法で、USBポートの故障を防ぐことができます。

USB端子が抜けなくなってしまったら、記事でご紹介した方法を試してみましょう。それでもUSBが抜けないのであれば、無理をせず専門業者に頼むことをおすすめします。USB端子とUSBポートの両方を長持ちさせるためにも、普段の使い方から見直してみてはいかがでしょうか。