More Meaningful Connections

知っておきたい結束バンドの便利な使い方まとめ

ホームセンターなどに必ず売っている「結束バンド」は、ケーブルやコードをまとめる際に活躍する便利グッズです。そんな結束バンドには、あまり知られていない便利な使い方が他にもたくさんあります。

そこで今回は、結束バンドがいかに便利なグッズになるかを知らない方のために、おすすめの便利な使い方をご紹介します。

結束バンドの本来の使い方とは

まずは結束バンドの本来の使い方をおさらいしておきましょう。

結束バンドは一般的に、LANケーブルをはじめとする各種ケーブルをまとめる際に用いられます。すべてのケーブルをしっかり1つにまとめることができるのはもちろん、通常と逆向きに結束バンドの先を穴に通して緩めることも可能です。

結束バンドでまとめておけば、旅行先に充電ケーブルを持って行くときなどにも、鞄の中がごちゃごちゃせずに済みます。もしケーブルがたくさんあって1本ではまとめられない場合でも、結束バンドを2本使えば連結して長くすることも可能です。

結束バンドで作れる小物たち

結束バンドはケーブルをまとめるだけの道具ではありません。次のような、ちょっとした小物も作れます。

*丸めて鞄に取りつければキーホルダー
*ファスナーの持つ部分が外れたら、結束バンドの持ち手を作成
*引き出しの取っ手が壊れたら、結束バンドで取っ手を作成
*リュックや鞄のロックとして結束バンドを使用
*結束バンドで簡単スマホスタンド

他にも、ヘアゴムがない時の応急処置など、結束バンドが手元にあれば何かと便利です。

緊急事態を助けてくれる結束バンド

結束バンドは緊急事態であってもその場をしのぐ助けになることがあります。

たとえば、食べ過ぎてジーンズのジッパーが上がりきらない場合、ファスナーの持ち手に結束バンドを通してボタンに引っ掛ければジッパーが落ちる心配はありません。お鍋の蓋が熱くて持てない場合でも、結束バンドを付ければ引っ張り上げることが可能です。さらに台所の排水口が詰まってしまったときでも、結束バンドの先を斜めに切ればパイプ掃除もできます。生活のさまざまな部分で結束バンドは活躍します。

***

結束バンドは、ケーブルを束ねるためだけに使うのはもったいないほど 使い道豊富で優秀な便利グッズです。今回ご紹介した使い道のほかにも、結束バンドの使い方はたくさんあります。ぜひ結束バンドを手元に置き、いろいろなシーンで活用してみてはいかがでしょうか。