結束バンドは色によって違う!意外と知らない3つの基本

結束バンドは白色だけでなく、黒色やアイボリー色、透明色、カラフルな結束バンドまで、豊富なバリエーションがあります。

これはデザイン性の観点からだけではなく、色ごとに用途が使い分けされているためです。本記事では私たちが意外と知らない、「結束バンドの色に関する基本知識」を3つ紹介します。

黒色は屋外用・白色は屋内用!結束バンドには色別の用途がある

私たちに最もなじみのある白色の結束バンドは、屋内用として使われることが多い色です。これは、白色の結束バンドが紫外線を受けたときに劣化しやすいためです。

一方、黒色の結束バンドは屋外用として使われることが多く、ネットの取り付け、パイプを固定する場面などで広く用いられています。黒色の結束バンドは、紫外線遮断材としてカーボンブラックが使用されているため、紫外線を受けても劣化しない仕様となっています。

アイボリー色や透明色の結束バンドの特長

結束バンドには、白色や黒色のほか、アイボリー色や透明色の製品もあります。結束バンドのアイボリー色は、景観になじむという理由から主に屋外で使用されます。黒色に比べて紫外線の問題が懸念されますが、アイボリー色の結束バンドにも耐候・耐熱性を備えた製品があり、屋外でも安心して使用できます。

透明色の結束バンドには、ポリプロピレンを使用した、耐水性や耐薬品性に優れた製品があります。ケーブルを束ねても見た目を損なわないため、配線ケーブルをまとめる目的などで使用されています。

カラフルな結束バンドの使い分け方

結束バンドの中には、黄色や赤色、青色や緑色などカラフルなタイプの製品もあり、機器ごとに色を変えると配線の識別や機器を区別しやすくなります。

また、インテリアのアクセントとして使用するのも良いでしょう。家具や機器の色・好みに合わせてカラーリングを変えるといった楽しみ方もあります。

***

結束バンドの色は、白色は屋内、黒色は屋外といった使い分けのほか、アイボリー色の結束バンドのように、配線と調和する色の製品があります。

また透明色の結束バンドは耐水性・耐薬品性に優れ、カラフルな結束バンドは、機器や配線を区別する、インテリアに合わせてカラーリングを変えるなどの使い分けができます。

バリエーションに富んだ結束バンドには、使い方次第でさまざまなメリットがあります。ぜひ、使う場所や用途に合わせて選んでください。