ルーターとONUを繋ぐLANケーブルを交換してネット環境向上|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

ルーターとONUを繋ぐLANケーブルを交換してネット環境向上

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

ルーター

「高速通信回線を利用しているはずなのにネット速度が遅い」そう感じている人は少なくありません。そんな時、ルーターとONUをつなぐLANケーブルの交換は速度改善に効果があるのでしょうか。ここでは、環境設定に詳しくない人でも分かりやすくケーブル周りの用語の解説と、ケーブル選びのポイントをご紹介します。

ルーターとは?

 ルーターとは、ネット回線のデジタル信号をパソコンやスマホなどの複数端末へ送受信するための機器を指します。

ルーターに接続する方法は有線と無線の2種類があり、有線はLANケーブルを使ってネット接続を行い、高速で安定した通信が可能です。無線の場合はLANケーブルなしでネットにアクセスできるため、どこにでも設置ができますが、一方で通信が不安定、大容量データのやり取りを行なうと速度が遅くなるマイナス面があります。

有線接続をしていてもネットの通信速度が遅いと感じたら、まずはLANケーブルを疑い、接続不良であれば再接続、劣化の場合は新しいLANケーブルに交換してみましょう。

ONUとは?

 ONU(光回線終端装置)とは、光回線を利用してパソコン機器などをインターネットに接続するために必要な装置です。パソコンやルーターに接続して使用します。

元々インターネットは、電話回線を使用したダイアルアップ接続が主流でしたが、現在は光回線が主流です。光回線からは光信号が送られますが、インターネットに接続するにはデジタル信号へ変換させる必要があり、その変換をONUでおこないます。

ONUとパソコン機器の接続、ONUとルーターの接続にはLANケーブルが必要です。使用するLANケーブル次第で通信速度は変わるため、適切なタイプを選びましょう。

家の中でwi-fiが弱い場合はLANケーブルを交換する方法も

家の中のWi-Fiが弱くなっていると感じた場合、まずはルーターの位置を確認しましょう。周りに障害物がない場所に設置することで、電波の弱まりを防げます。ルーターの場所を移動しても解決しない場合には、LANケーブルのチェックをおこないましょう。

日頃から、LANケーブルを家具などで踏んでいたり干渉したりしている場合、破損している可能性があります。LANケーブルの状態をチェックし、破損を確認できたら交換しましょう。

LANケーブルの選び方

LANケーブルは通信速度によって最適な「Cat(カテゴリ)」が変わるため、買い替えを検討する際は、まず契約している回線の通信速度を確認してください。

ここでは、一般的に利用されることが多いカテゴリの種類を紹介します。

 

「Cat 5(カテゴリ5)」

通信速度:100Mbps

 

「Cat 5e(カテゴリ5 e」

通信速度:1Gbps

 

「Cat 6(カテゴリ6)」

通信速度:1Gbps

 

「Cat 7(カテゴリ7)」

通信速度:10Gbps

 

数値が大きくなるほど、高速通信に対応したケーブルとなります。家庭用の光回線の多くは1Gbpsが一般的なので、Cat 5e以上のケーブルを選びましょう。ただし、Cat 7は業務用サーバーなどで利用されるもので、家庭で使うにはオーバースペックになります。価格も上がってしまうので、現実的にはCat 5eかCat 6を選ぶのが現実的です。

 

ルーターに付属のLANケーブルを確認

現在ルーターに使用している規格と同じLANケーブルに交換すれば、問題ありません。ケーブルに文字が印字されているので、チェックしてみましょう。

 

LANケーブルは抜いても大丈夫?

LANケーブルにはラッチレバーという爪があるので、そこをしっかりと押し込んでから引き抜けば、壊れてしまう恐れはありません。

もう使わないかもしれないLANケーブルだからといって乱雑に扱わず、抜き差しは丁寧に行いましょう。機器同士の接続は、新しいLANケーブルをつなぎ直すと自動で設定されます。自動で設定されない場合は、ルーターの電源を入れ直したり、パソコンの再起動を試してみてください。

 

LANケーブル買い替えを機にネット環境の見直しを

LANケーブルを買い替える際は、一緒にルーターの位置についても再考してみましょう。周りに家電があったり壁に囲まれている場所は、電波が飛びにくくなります。また、水は電波を吸収してしまうため、水槽や花瓶といった水が常に入っているものもルーターのそばに置かないようにしましょう。できるだけ家の中心に設置すると、全方位に電波が飛ぶのでWi-Fiの電波を強くすることができます。ただ、家の中心に設置するのは難しいケースがほとんどでしょう。どうしても電波の入りが弱い場所ができてしまう場合は中継器を置くのも手です。また、床から1〜2mの高さに設置すると、より電波を強くすることができますよ。

 

LANケーブルの買い替えを機にネット環境を見直して、快適な通信速度を手に入れてください。

👉LANケーブル商品一覧はこちら