LANケーブル以外でネットは繋げられる?「有線」「無線」のメリット・デメリット|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

LANケーブル以外でネットは繋げられる?「有線」「無線」のメリット・デメリット

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

パソコン作業を行う人

インターネットに機器を接続するために、LANケーブルを使用しての有線接続と、ケーブルを使用せずそれ以外の方法でネットに繋げる無線接続という2種類の方法があります。

無線接続が主流となっていますが、有線接続にも実はメリットが存在しているのです。

そこで今回は、LANケーブルを使用しての「有線」「無線」接続に置いて、メリットとデメリットについて紹介します。

LANケーブル以外でネットは利用できる

インターネットを繋ぐ方法には、モデムやルーターとパソコンやゲーム機など、機器とをLANケーブルで繋ぐ「有線」と、LANケーブルを使用しない「無線」の2つの方法があります。

どちらの方法でもインターネットを利用できるのですが、それぞれどのような特徴があるのか、こちらで見ていきましょう。

 

有線接続

有線接続とは、モデムやルーターからLANケーブルを使用してパソコン本体やゲーム機本体などの機器に直接繋げ、繋げたLANケーブルからインターネットに接続することです。

有線接続での通信は比較的安定していますので、大きなデータをダウンロードする時やアップデートする時にはLANケーブルでの有線接続が一般的ではないでしょうか。

 

無線接続

無線接続とは、モデムやルーターからLANケーブルを使わずにWi-Fiを飛ばして、インターネットに接続することです。

しかし、パソコン本体に無線接続のドライバが入っていない場合には、無線接続をするための準備をする必要があります。

有線接続に比べると通信速度が遅いものが多く、大容量のデータ転送やダウンロードをするには時間がかかってしまうことも。速度を重視するのであれば、無線接続は若干不便に感じるかもしれません。

「有線」「無線」のメリット・デメリット

有線接続と無線接続の違いについて、理解が深まったうえで、それぞれのメリットとデメリットについて紹介します。

 

有線接続|メリット

有線接続の最大のメリットと言えるのは、安定性ではないでしょうか。

無線LANの場合は、ルーターと機器の間に距離があったり、天井や風などの障害物があったり、電子レンジなどの機器が発する電波の影響を受けることで通信速度が遅くなったりすることがありますが、有線接続の場合にはモデムやルーターの間に距離があっても安定した通信が可能です。

また、LANケーブルを接続するだけなので、無線接続に比べて設定が簡単であるというメリットもあります。

さらに、有線接続の場合は無線接続に比べると電波にただ乗りされて悪用される心配も少なく、セキュリティー面でも比較的安全です。

 

有線接続|デメリット

有線接続での大きなデメリットの1つには、LANケーブルが長くなる程損傷を受けるリスクが高まり、通信に障害が生じる可能性があることがあげられます。

LANケーブルの耐年数は、自然な劣化を前提にすれば20年から30年程度といわれていますが、無理に曲げたり折ったり、踏んだり、引っ張ったりすれば当然劣化年数は短くなり、買い替えなければなりません。

他にも、直射日光が当たる場所で使用するとケーブルの被膜が破れたり、はがれたりして、中の導線に影響が出ることも。

また、パソコンやゲーム機など、接続する機器の台数が多くなるにつれてLANケーブルの本数も増えてしまうので、レイアウトがグチャグチャになってしまうことがあります。さらに、直接接続するため、LANケーブルが届かない場所での作業ができないこともデメリットと言えそうです。

 

無線接続|メリット

無線接続での最大のメリットは、配線やケーブルが必要ではないので、レイアウトも損なわさずスッキリするという所です。

また、家の中ならばほとんどの場所でインターネットへの接続が可能ですので、好きな場所で自由に作業できます。さらに、何台もパソコンやゲーム機を持っている場合には、有線よりも低コストでLANの構築が出来るので便利です。

 

無線接続|デメリット

無線接続の最大のデメリットは、有線接続に比べると不安定で通信速度も下がり、場所によっては接続そのものができない場合がある点です。

また、通信障害などが起きた時、その原因の特定が困難である場合が多いこともあげられ、セキュリティー対策もしっかりしておかないと危険ですので、有線接続よりも配慮が必要となります。

このように有線接続、無線接続には、それぞれメリット、デメリットがあるということを覚えておきましょう。

「無線」でもLANケーブルは持っておこう

Wi-Fi環境には、ルーターを用いるのが一般的ですが、中には無線機能のないルーターもあります。無線機能がないものは、市販されている無線機能のあるルーターが別途必要になるため、その際に光回線終端装置とルーターを繋ぐためのLANケーブルが必要となるのです。

ライフスタイルに合わせてネットを利用しよう

有線接続と無線接続には、それぞれ大きなメリットとデメリットがあります。

インターネット環境に何を求めるのかによって、その選択肢は大きく変わるといえるでしょう。

安定性やセキュリティーを重視するなら有線、レイアウトをスッキリと見せたい時には無線というように、どのような環境でインターネットに接続するのかによって有線接続と無線接続を使い分ける必要も。

より快適なインターネットライフのため、それぞれの環境に見合った接続方法を試みてください。

👉LANケーブル商品一覧はこちら