More Meaningful Connections

LANポートがないパソコンでLANケーブルを利用するには?

現在、多くのインターネットデバイスが無線接続に対応しています。中には、有線LANポートを排したデバイスも少なくありません。一方で、有線接続しなければならないケースもたびたび訪れます。こちらでは、LANポートがないパソコンにLANケーブルを接続する方法についてご案内します。

無線ではなく有線LANが要求される環境とは

無線LANが普及した現在でも、有線接続が必要とされるシーンはたびたび訪れます。代表的なケースを以下にご紹介しましょう。

相対的に低コスト

無線通信の品質は向上していますが、いまだに通信速度・安定性については有線LANのほうが高く評価されています。通信速度や安定した通信がシビアに求められる状況では、有線接続するのが一般的です。

セキュリティ上の問題

無線通信は常にセキュリティの問題と隣り合わせです。暗号化などさまざまなセキュリティ対策が実施されていますが、ビジネスなど情報漏えいを避けなければならないシーンでは、有線LANが中心的に使用されています。

無線LANが提供されていない

施設によっては、そもそも有線LANしか提供されていないケースがあります。ホテルに宿泊した際などに有線LANしかなければ、LANポートがないパソコンではインターネット接続する方法がありません。

USBのLANアダプタを使用する

LANポートがないパソコンでも、USBポートがあれば有線接続することは可能です。USBポートを疑似的にLANポートへと変換するアダプタが販売されています。1,000~2,000円程度で購入できますので、LANポートがないノートパソコンなどを使っている方は買っておくと安心です。

USBの規格に注意

上述したようにUSBの変換アダプタを用いればLANポートがないパソコンでも有線LANを利用できますが、USBの規格には注意が必要です。一口にUSBといっても、現在は多様な規格が存在しています。規格が違うアダプタを購入すると、利用できない可能性があるのです。

USBポートとコネクタの形状が違う場合は、そもそも物理的に接続ができません。パソコンに搭載されているUSBポートは、「USB2.0 Type A」「USB3.0/3.1 Type B」がスタンダードです。どちらも横に長い長方形のため、購入前に確認してください。

***

ノートパソコンをはじめ、LANポートがないデバイスは増加しています。一方で、ご紹介したような理由から有線接続しなければならないケースが訪れる可能性は否定できません。そうした事態に備え、USB接続の変換アダプタを用意しておいてはいかがでしょうか。

👉LANケーブル商品の一覧はこちら