カテゴリ6(CAT6)とは?他カテゴリとの違いを比較

高速転送用ケーブル規格のカテゴリ6(CAT6)。高速通信でありながら安定した送受信ができる、汎用性の高い通信ケーブルです。本記事では、そんなカテゴリ6(CAT6)の概要や特徴をはじめ、他カテゴリとの違いや比較について解説いたします。

カテゴリ6(CAT6)とは?

カテゴリ6(CAT6)とは、1000BASE-T・1000BASE-TX・10GBASE-T対応の高速転送用LANケーブルを指します。

カテゴリ5および5e、カテゴリ3などの既存の下位規格との上位互換も可能です。4対のツイストペアケーブルの仕様で、コネクタはRJ-45(8P8C)。250MHzまでの帯域を用いて通信を行います。これにより安定した高速通信が可能で、さまざまな用途にて活用されています。

カテゴリ6の特徴と性能

ギガビットイーサネットのメタル回線向け規格である1000BASE-T、1000BASE-TXとの互換性に優れているカテゴリ6。最大1000メガビットの通信速度で、大容量ファイルの転送も可能です。伝送距離は約100mまで伝送できます。

また、本来1000BASE-TX向けに規格化されているため、カテゴリ6には従来のカテゴリ5e以前になかった十字フィラーが入っています。十字フィラーが入っていることでケーブルの芯が強くなり、データの破損を防ぐ効果が期待できます。しかし一方で、カテゴリ5e以前と比較すると柔軟性に欠けているという点もあります。

安定した高速通信、データ破損を防ぐ十字フィラー完備という特徴から、ギガビットネットワークを快適に使用したい人におすすめです。

カテゴリ5とカテゴリ6の比較

LANケーブル

カテゴリー5(CAT5)

カテゴリー5e(CAT5e)

カテゴリー6(CAT6)

最大通信速度

100Mbps

1Gbps

1Gbps

適合イーサネット

10BASE-T

100BASE-TX

10BASE-T

100BASE-TX

1000BASE-T

10BASE-T

100BASE-TX

1000BASE-T

1000BASE-TX

伝送帯域

100MHz

100MHz

250MHz

カテゴリ5とカテゴリ6の違いとしては、ノイズ耐性の強さが挙げられます。カテゴリ6はギガビットイーサネットでの使用が想定されているため、ノイズ耐性に優れており、ノイズの多い環境でも安定した通信になりやすいのです。

カテゴリ6が従来の規格から大きく変わっている点は、伝送帯域。カテゴリ5および5e以前の規格は100MHzでしたが、新たに登場したカテゴリ6は250MHzまでの帯域を用いることが可能になりました。

また、カテゴリ5でギガタイプの光回線を利用すると、通信速度が低下してしまいます。1Gbps以上の光回線サービスを利用する場合は、下位互換もできるカテゴリ6を使用することをおすすめします。

CAT6、CAT6A、CAT6e の違い

 

カテゴリ6A(CAT6A)とは?

10GBASE-T向けに規格化されたカテゴリ6よりもさらに高速通信が可能なケーブルです。周波数はカテゴリ6の2倍の500MHz。カテゴリ6同様十字フィラーが内蔵されており、ノイズ対策にも対応しています。

近年では企業のサーバーや幹線などでも使用されており、これはスループットに対応するために導入されているケースが多数です。スループットとは、業務用無線機器の大容量化を可能にするもので、これに対応することにより、モバイル製品を目的としたWi-Fi機器の導入ができるようになります。

さらに、下位互換が可能な点や、新たな専用工具を使用しなくても手軽に導入できるという点が、近年のカテゴリ6A導入量の増加につながっています。一方、一般家庭で使用されているケーブルに比べると高価であるため、一般家庭への導入はまだ少ない傾向にあります。

 

カテゴリ6e(CAT6e)とは?

カテゴリ6eはケーブルメーカーの独自規格で、カテゴリ6よりも通信速度や伝送帯域が向上されています。

性能はカテゴリ6Aとほぼ同じですが、規格承認の有無の違いがあります。CAT6はTIA(アメリカ通信工業会)とEIA(アメリカ電子工業会)の規格、CAT6AはANSI(米国国家規格協会)の規格です。

 

3つのカテゴリの比較

LANケーブル

カテゴリー6(CAT6)

カテゴリー6A(CAT6A)

カテゴリー6e(CAT6e)

最大通信速度

1Gbps

10Gbps

10Gbps

適合イーサネット

10BASE-T

100BASE-TX

1000BASE-T

1000BASE-TX

10BASE-T

100BASE-TX

1000BASE-T

1000BASE-TX

10BASE-T

100BASE-TX

1000BASE-T

1000BASE-TX

伝送帯域

250MHz

500MHz

500MHz

規格

TIA EIA

ANSI

なし

まとめ

カテゴリ6(CAT6)は従来のケーブルに比べノイズ耐性が非常に強く、安定して通信できます。さらに現在ではカテゴリ6A(CAT6A)やカテゴリ6e(CAT 6e)といったケーブルも登場しており、多くの企業が導入しています。カテゴリ6を導入して、安全に快適にネットワークを利用しましょう。