ケーブルに使える熱転写プリンタの仕組みをわかりやすく解説

家庭でインクジェットプリンタやレーザープリンタを使っている方は多いですが、業務用によく用いられるのが熱転写プリンタです。ケーブルに使用するラベル印刷にも使用されています。

本記事では、熱転写プリンタの仕組みについて解説します。

熱転写プリンタの仕組み

熱転写プリンタとは、印刷する内容を熱によって焼き付けるサーマルプリンタの一種です。

そして熱転写プリンタは、さらに2つの種類に分かれます。

 

1. 熱溶融型

熱溶融型の熱転写プリンタは、インクリボンに塗られている熱溶性顔料インクを、ヒーターによって加熱された印字ヘッドを使って転写するという仕組みで印刷します。

家庭用のプリンタではほとんど使用されていない熱転写プリンタですが、工場で製造年月日を印刷したり、ロット番号を印字したりするのによく用いられます。

印刷対象は、一般的な紙に加えて包装フィルムにも印刷可能です。

 

2. 昇華型

熱溶融型プリンタ以外にも、熱転写プリンタには昇華型という種類があります。

昇華型は、同じくインクリボンに塗布されている顔料を、加熱された印字ヘッドを使って専用のコート紙に印刷するという仕組みです。

一般的に熱転写プリンタというと熱溶融型を指しますが、業務用の大型プリンタなどにおいては昇華型が用いられていることもあります。

印刷対象は専用のコート紙で証明写真やIDカードの印刷に多く用いられます。一般のコピー用紙には印刷できません。

熱転写プリンタの特徴

熱転写プリンタには仕組の違いによって特徴があります。

 

熱溶融型プリンタ

熱溶融型プリンタの大きな特徴は、さまざまな包装フィルムや紙に印刷が可能という点です。印刷対象が多いため、幅広い分野で用いることができます。

さらに、熱溶融型プリンタでは非常に鮮明な印字が出来るので、賞味期限や消費期限などはっきりと見えるべき情報の印刷に適しています。

耐熱性・耐油性・耐擦過性に優れたインクリボンを選べば、高品質な印刷が行えます。

ただし熱溶融型プリンタでは、基本的に一度の転写ではひとつの色しか印刷できません。ドットごとにインクの濃度を変えられないため、通常のプリンタのようなグラデーションを出すことはできないのです。そのため単色での印刷に適しています。

また色の濃淡に関してはドットの密度で表現することが可能です。複数の色を使った転写をする場合には、複数のインクリボンを使用するため色がずれるかもしれないことを覚えておきましょう。

 

昇華型プリンタ

昇華型は熱溶融型とは異なり、ドットごとにインクの濃度を変えられるのが大きな特徴です。そのため色の濃淡やグラデーションもきれいに印刷することが可能です。

高画質・高品質であるため写真の印刷に用いられますが、耐水性や耐候性にやや難があります。

ただし、近年昇華型プリンタで印刷された写真にラミネート加工を施し、耐水性や耐候性を高める手法も用いられています。昇華型は専用のコート紙を使うため、印刷にややコストがかかるのがデメリットの一つです。

熱転写プリンタの仕組みをハンディ化した商品の紹介

熱転写プリンタは多くの場合、工場やスピード写真機などで用いられており、一般家庭やオフィスではインクジェットプリンタが使用されています。

しかし、熱転写プリンタの仕組みをハンディ化した画期的な商品も販売されています。

その商品のひとつは、パンドウイットが開発した「Pan Ther™ LS8E/LS8EQ熱転写ハンディプリンタ」です。

Pan Ther™ LS8E/LS8EQ熱転写ハンディプリンタは、ケーブルの識別やロックアウト時の表示などに用いられるラベルを印刷できるハンディタイプのアイテムです。

高品質で鮮明なラベルの印刷が可能で、作業者の安全を守り、ケーブルのメンテナンスなどの作業の効率化が図れます。

小型で頑丈なので作業現場でも扱いやすく、工場や建設現場といった過酷な使用環境にも対応できます。

また、Pan Ther™ LS8E/LS8EQ熱転写ハンディプリンタにはラベルの長さ自動調整機能が搭載されており、調整作業が必要なく素早くラベルを印刷できます。ラベルの無駄がなくなり、経費の節減につながるでしょう。

ラベルのカット方法も、1枚ずつや台紙の一部をつないだ状態での印刷が可能で、その時に使用したい方法でカットスタイルを選べます。

カセットに装てんされたインクリボンとラベルを装着するだけで使用可能となるため、ラベルの交換も非常にスムーズに行えるでしょう。

さらにPan Ther™ LS8E/LS8EQ熱転写ハンディプリンタはUSBポート付きで、パソコンからデータの送信や、システムのアップグレードができます。

ラベルタイプも、セルフラミネートラベル・回転ラベル・ナイロンクロスラベル・コンポーネントラベル・ビニルクロスラベルなど、全9種類から選択可能です。

***

熱転写プリンタには2つの種類があり、それぞれ特徴が異なります。

熱転写プリンタの仕組みをしっかり理解して使い分けることで、状況や印刷対象に適したラベル作成が可能です。

ぜひハンディタイプの熱転写プリンタを活用し、ケーブルだけでなく、工場や建設現場などでも使用できる高品質なラベルを作るようにしましょう。