More Meaningful Connections

LANケーブルのB結線とは?A結線との違いをわかりやすく解説

パソコンとモデムを接続したり、サーバと周辺機器を接続するのに使われているのがLANケーブルです。このLANケーブルにはA結線とB結線があるのですが、この違いは何でしょうか。また、A結線にするかB結線にするかで性能が変わるのでしょうか。今回は、LANケーブルのA結線とB結線の違いについて解説します。

LANケーブルのB結線とは?

通常、LANに使われているRJ-45タイプのコネクタには、T568A配列とT568B配列という配列結線があります。この中でT568AをA結線と呼び、T568BをB結線と呼んでいます。これはアメリカのANSI/TIA/EIA-569A規格によって決められたものです。

配列結線とはケーブルのどの線がコネクタのどのピンにつながるかというものです。B結線ではピンNo.1と2に橙、ピンNo.3と6に緑が接続されています。

LANケーブルのA結線とは?

A結線は、コネクタのピンNo.1と2にケーブルの緑色を接続し、ピンNo.3と6に橙色を接続したものです。上記のB結線とはピンの接続が違うだけで、性能の違いはありません。

LANケーブルのB結線とA結線の違い

LANケーブルのB結線とA結線の違いは、ただ単に配線が違うだけです。ただし、LANケーブルを扱う場合は、A結線とB結線が混在していると間違いのもとですから、どちらかに統一するようにしましょう。

なお、LANケーブルにはアメリカのANSI/TIA/EIA-569A規格以外にも、国際規格や日本のJIS規格などがあります。国際規格やJIS規格にはA配列、B配列といった区別はなく、ただピンの対の割り当てだけが規定されていて、どの対をどう割り当ててもよいことになっています。

つまり、アメリカのANSI/TIA/EIA-569Aに準拠した規格を採用した国だけに、A結線とB結線の違いがあるということです。

 

ストレートケーブルでは主にB結線が採用されている

LANケーブルには、ストレートケーブルとクロスケーブルがあります。ストレートケーブルは、ケーブルの両端ともA結線もしくはB結線に統一されているLANケーブルで、クロスケーブルは片方がA結線、もう片方がB結線になっているLANケーブルです。現在はほとんどの場合、ストレートケーブルが採用されています。

現在主流となっているストレートケーブルでは、ほとんどの場合B結線が採用されています。ではなぜB結線が多いのかというと、はっきりした理由があるわけではないようです。A結線は橙と緑の芯線がお互いをまたぐように結線されているので、内部配線が複雑になっていますが、もしかするとこのあたりに理由があるのかもしれません。

ただし、どちらを主流にしても性能に差はないので、どちらのケーブルを選んでも問題になるようなことはありません。

 

昔はクロスケーブルとストレートケーブルを使い分ける必要があった

以前は、以下のような基準でケーブルが選ばれていました。

*ストレートケーブル:パソコンとハブ、パソコンとルーターなど、違う機器を接続する場合に使用

*クロスケーブル:パソコンどうしやハブどうしのように、同一機種を接続する場合に使用

しかし、現在のデバイスには相手側の機器のポートや、LANケーブルを判別できる機能が装備されているので、ストレートケーブルとクロスケーブルを使い分ける必要がなくなりました。

パソコンとパソコン、ハブとハブの接続にクロスケーブルが使われていたのは、送信側と受信側が同じなので、コネクタの送信と受信を入れ替えないと、信号どうしがぶつかってしまうからです。

ちなみに、LANケーブル内部には8本の芯線がありますが、この芯線には単線とヨリ線があります。単線は芯線が太く通信性能に優れているのが特徴です。ヨリ線に比べて作りやすいので値段も安価ですが、単線は硬いので使いにくいという欠点があります。

一方ヨリ線は細い線をヨリ合わせて1本の芯線が作られています。ヨリ線のケーブルは柔らかいので使いやすいのですが、通信性能が単線より劣るうえに値段も少々高めです。

実は同じヨリ線でも、メーカーによってヨリのピッチはバラバラで、統一された規格はありません。また、LANケーブルに使われている橙と緑のペアの芯線は、4本ともヨリのピッチが少しずつ変えてあります。これは、ヨリ線のピッチを同じにすると、電磁的な干渉が起きてしまうためです。

ヨリ線の芯線を使うのは、エネルギーを漏らさないようにして、伝送ロスを減らすことも理由のひとつです。このため、電磁的干渉を減らして外部からのノイズを遮断するためにも、ヨリ線のピッチを変える必要があるのです。

 

***

LANケーブルのB結線とA結線の違いは、コネクタ内のピンと芯線の接続が違うだけで、性能に違いはありません。現在、日本ではA結線が使われることはほとんどなく、ほぼすべてのLANケーブルがB結線になっています。

以前のデバイスはA結線とB結線の違いを認識できなかったため、A結線とB結線を間違えないようにする必要がありました。しかし、現在ではデバイスに自動認識機能が装備されているので、どちらの結線でも問題なく使えます。