More Meaningful Connections

LANケーブルは最長何メートルまで使えるの?気になるその速度は?

LANケーブルはパソコンや周辺機器を接続するのになくてはならないケーブルの1つです。特にオフィスなどではLANケーブルを使って多数のパソコンを接続する作業が必要になるでしょう。しかし複数の部屋をまたいでパソコンを接続する場合や、1階と2階で接続が必要な場合などは長いLANケーブルを使用する必要が生じます。ではLANケーブルは最大何メートルまで使えるのでしょうか。長さが速度に与える影響についても見ていきましょう。

LANケーブルは最長何メートルまで使える?

そもそもLANケーブルは最長で何メートルまで使うことができるものなのでしょうか。一般の家電量販店で販売されているLANケーブルの多くは数メートル程度のものが多いですが、LANケーブルはさらに長いものを使うことも可能です。ですから大きなオフィス内での配線や階をまたいでの配線も可能になります。

ただし、どこまでもLANケーブルを延ばすことができるというわけではありません。LANケーブルは信号によって映像を伝えていくものなので、あまりに長くしてしまうと電気信号がうまく伝達されないことがあるからです。LANケーブルが問題なく使える最大の長さは一般的に100メートルとされています。ただしこれは通常使われるイーサネット規格でのことなので、別の規格のケーブルの場合にはさらに延長することも可能です。

たとえば、大企業がフロア間の接続に使用することが多い光ファイバーであれば最大で550メートルまで問題なく使用できます。さらに最大100メートルまでのLANケーブルであっても、コネクタやスイッチングハブを使用すれば、100メートル以上の接続もできます。しかしもっとも基本的な点としては、LANケーブルの最大長は100メートルということを覚えておくようにしましょう。

LANケーブルは長さにより速度が変わるの?

長いLANケーブルを使うと接続できる範囲が大きくなり、より多くの選択肢を持てるようになります。しかし長いLANケーブルを使う場合、気になるのは速度ではないでしょうか。つまり、長いLANケーブルを使うと画像や映像を映し出す速度が送れるのではないかという不安です。確かにLANケーブルによって通信速度が遅くなることはあります。

しかし、それはLANケーブルの長さによるものではありません。イーサネット規格のLANケーブルを100メートル以内で使用しているのであれば、速度が遅くなるということはありません。ですから100メートル以内であれば安心して接続することができます。ただし長さ以外の要因によって通信速度が変わるということはあり得ます。

たとえばノイズです。電子機器のノイズがLANケーブルに影響を与えると、通信速度が落ちたり映像にもノイズが入ったりします。LANケーブルが長くなればなるほどノイズの影響を受けやすくなるため、注意が必要です。さらにLANケーブル自体の劣化という問題も生じ得ます。LANケーブルの寿命は一般的に20年から30年程度といわれていますが、過酷な環境で使用していると数ヵ月程度しか使用できないこともあります。引っ張られたり、直射日光が当たる場所や高温多湿の場所で使用されたり、皮膜の中の導体にダメージが加えられたりすると通信速度は一気に遅くなります。長いLANケーブルを使う場合には使用環境にも注意しなければならないでしょう。

LANケーブルの最適な長さは?

LANケーブルは100メートル以内であれば、通信速度の低下もなく快適なインタネット環境を楽しめることが分かりました。しかし意味もなく長いLANケーブルを使う必要はありません。必要な分だけLANケーブルを使うのがベストです。ではLANケーブルの最適な長さはどのくらいなのでしょうか。

まず、モデムからルーターやハードディスクなど、すぐ近くにある機器に接続する場合には、0.5メートル以下のLANケーブルがお勧めです。家電量販店では15センチメートルほどの短いLANケーブルも販売されています。このくらいの長さであればケーブルがたるんで邪魔になったり、配線の整理が難しくなったりしません。モデムの周りをスッキリ整理できるでしょう。

続いて、モデムからパソコンやテレビにLANケーブルを接続する場合はどうでしょうか。ここでは1メートルから1.5メートルほどのLANケーブルを使うとよいでしょう。モデムから程よい距離を保ちながらケーブルを机の下や壁際に収納することができます。配線が目障りにならないようにするにはこのくらいの長さがベストです。もし広めの部屋に配線したい場合には、10メートル程度のLANケーブルが必要になるかもしれません。必要なLANケーブルの本数、長さを確認してから必要な分のLANケーブルを購入するようにしましょう。壁を這わせて配線するのであればカバーなどの購入も検討できます。

***

LANケーブルは最長100メートルまで使用できますが、一般家庭においてそこまで長いLANケーブルを必要とするのは稀です。一般的には数メートルのLANケーブルでこと足ります。重要なのは最適な長さのLANケーブルを使うということです。これにより通信速度の安定を図ることもできます。入念に準備をして、最適なLANケーブルを配線できるようにしたいものです。