More Meaningful Connections

LANを簡単に分岐させる方法を分かりやすく解説

LANとは多くの場合、LANケーブルのことを指しています。LANケーブルは、有線でインターネットを使用する場合や複数台のパソコンを接続する際に使われる配線のことで、パソコン以外にもテレビやHDDレコーダー、アンプ、家庭用ゲーム機の接続にも使われています。

本記事では、LANを簡単に分岐させる方法を分かりやすく解説します。

LANを分岐させる方法

LANの空きポートが足りないときには、LANケーブルを分岐しましょう。LANを分岐させるには、有線LANを使った方法のほか、無線LANで分岐させる方法があります。 有線LANを使った方法には、以下の2つがあります。

スイッチングハブでLANを分岐させる方法

スイッチングハブとは分配器のことで、「LAN用のケーブルタップ」といえばイメージしやすいかもしれません。スイッチングハブはネットワーク中のデータから送り先(MACアドレス)を判断し、ピンポイントで通信を行います。

接続の方法は簡単です。スイッチングハブの空きポートに(機材に使っていた)LANケーブルを接続し、別のポートに機材のLANケーブルを接続すれば、LANは分配されます。

ルーターでLANを分岐させる方法

ルーターはもともと通信のルートを整理するための機器ですが、ポート数の多いルーターを使えば、LANを分配するのに役立ちます。

LAN分岐に使う「ルーター」と「ハブ」の違い

ルーターとは、ネットワーク間を相互接続する通信機器のことです。パソコンでデータを送受信するには、使っているパソコンがネットワーク上でどこにあるのか判別する必要があります。このため、ネット上での住所を設定しデータがやりとりできるようルータを使用するのです。

ハブは、インターネット回線を複数に分配するため使用されます。ルータで受け取ったデータは、ハブを使って分配すれば、ポートの数を気にせず複数のパソコンや機器でネット通信が行えます。

LANの分岐で注意すべきこと

LANを直接ハブに接続しても、LANの分岐はできません。LANはルータを通したうえでハブで分岐を行ってください。また、LANを分岐させる際は、処理能力の高いルーターを使用しましょう。せっかくハブで分配をしても、データ処理能力の低いルータを使っては通信速度が低下してしまい、安定した状態で使用できません。

接続する台数が多い場合には、ビジネス用(法人用)のルーターやハブを使用しましょう。たとえば、家庭用のスイッチングハブは8ポートの製品がほとんどですが、「L2スイッチ」と呼ばれる法人向けのスイッチングハブを使用すれば、通信スピードも速く、ストレスなくデータの送受信が行えます。

無線LANで分岐させる場合も注意が必要

モデムをWi-Fiルーターに接続し、無線で複数の子機とネットワークを結べば、ポートを使わずにLAN機能が分配できます。ただし、上限を超える接続については、接続速度の低下や接続が切れやすいなどのリスクがあります。このため、接続の状態を安定させるには、処理能力の高いルーターを使用したり有線LANを適切に分配したりする必要があります。

***

LANは専用の機器を購入すれば、自分でも簡単に分岐させられます。接続する台数が多い場合は、安定した通信ができるよう、処理能力の高いルーターやスイッチングハブを使用してください。