More Meaningful Connections

サーバーラックの選び方のポイントは設置場所・収容力・熱対策で選ぶこと

サーバーやネットワーク機器を保管するサーバーラック・ネットワークラック選びのポイントは、保管したいサーバーや機器の数や大きさに合った商品を選ぶことです。また、サーバー等を稼働させていると熱がこもってしまうため、熱対策も重要です。こちらでは、サーバーラックの選び方についてご紹介します。

サーバーラックとは大型サーバーを収納するラック

サーバーラックとは、名前の通り大型のサーバーを収納するためのラックです。企業内の重要なデータを保存しているサーバーを、限られたスペースで効率良く保管するために使われます。大きさとしては19インチサイズのものが一般的ですが、小型タイプから大型タイプまで商品の種類は豊富です。

EIA(米国電子工業会)の定めた高さのない19インチラック以外に、デスクトップ型パソコンのように背の高い据え置き型のサーバーもあるため、対応したラックを選びましょう。

ネットワークラックとはハブやケーブル類を整理・収納するラック

ネットワークラックとは、サーバーやその他の機器をつなげるハブやパッチパネル、ケーブル類を整理・収納するためのラックです。サーバーラックと明確な違いがあるわけではないものの、サーバーラックよりも棚板の調整がしやすかったり、さまざまな機器を設置できるよう高さに余裕をもたせていたりするのが特徴です。また、大量のケーブルを取り回すことになるため、ネットワーク機器のラックよりも少しサイドに空間を設けているものもあります。

サーバーラック・ネットワークラックの選び方3つのポイント

サーバーラックやネットワークラックの選び方のポイントは、「設置場所」「収容力」「熱対策」の3点です。

設置場所
サーバーラックやネットワークは定期的に内部の機器をメンテナンスする必要があります。そのため、ラックの四方にある程度スペースを取れるサイズを選ぶことが重要です。

収容力
サーバーが余るとケーブルの取り回しが複雑になってしまいます。使用するラックの大きさや数に合わせて、収容力のある商品がおすすめです。

熱対策
サーバーやパッチパネルは熱がこもりやすく、過剰な熱は機器の故障や速度の低下を招きます。ファン等が搭載されていて、排熱できる商品を選びましょう

***

サーバーラックやネットワークラックは、大きすぎても小さすぎても役に立ちません。機器やケーブル類を一箇所にまとめ、熱対策で機器の寿命を保ち、快適にメンテナンスできるラックを選ぶことが大切です。ぜひ参考にしてみてください。