家庭用ゲーム機におすすめのLANケーブルの選び方|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

家庭用ゲーム機におすすめのLANケーブルの選び方

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

家庭用ゲーム機をオンラインで楽しむために、有線LANケーブルを使ってインターネットに接続する方法があります。今回は、有線接続における通信不良にならないための対策方法や、LANケーブルを選ぶときのポイントなどについて説明します。

家庭用ゲーム機のインターネット接続は無線?有線?

家庭用ゲーム機をインターネット通信に繋げる方法は、無線接続と有線接続の2つあります。

 

家庭用ゲーム機を楽しむならLANケーブル接続が断然おすすめ

家庭用ゲーム機でオンラインゲームを楽しみたい方には、有線接続をおすすめします。

その理由は無線接続の場合、家具や壁などの障害物が原因で通信が不安定になりやすいためです。

通信速度が遅いと、ロードに時間がかかり、プレイ中もラグ(遅延)が生まれるため、オンラインゲームを快適に楽しむことができません。

また、最近はゲームソフトをパッケージ版はなく、ダウンロード版を購入する方もいます。通信速度が遅いと、ダウンロードに一日かかってしまうこともあります。

家庭用ゲーム機をプレイする際に支障が出ないように、有線接続をぜひ検討してみてください。

LANケーブル通信を妨げる要因

家庭用ゲーム機にLANケーブルを接続しているにもかかわらず、通信が不安定になってしまっている方もいるのではないでしょうか。

その原因として考えられることは

・LANケーブルが他のケーブルと接触している

・古いLANケーブルを使用している

・無理なく通信できるLANケーブルを使っていない

これら3つです。それぞれ説明します。

 

LANケーブルが他のケーブルと接触している

LANケーブルが他のケーブルと接触していると、「クロストーク」してしまう可能性があります。クロストークとは、ケーブル同士が干渉しあうことで発生する現象です。

家庭内であれば、LANケーブルと他のケーブルを束ねることも珍しくありません。その際、隣接しているケーブルからの電磁波がLANケーブルに届き、電流となってノイズを発生させてしまいます。

クロストーク対策は、LANケーブルの配線を見直すことです。UTPケーブル(※1)ではなく、STPケーブル(※2)を使用すれば、ある程度ノイズを防ぐことが可能です。

LANケーブルを、他のケーブルが集合している環境で使わないといけない方は、ノイズ対策された配線を選ぶようにしましょう。

(※1)UTPケーブルとは、ノイズを遮断するための処理がされていないLANケーブルです。一般的なケーブルはUTPケーブルが多いとされています。

(※2)STPケーブルとは、外部ノイズを遮断するための「シールド処理」が施されたLANケーブルです。

 

古いLANケーブルを使っている

家庭で使っているLANケーブルを何年も買い変えていない方は、LANケーブルの劣化を疑いましょう。ケーブルが劣化していれば、通信不良になる恐れが高くなります。

 

無理なく通信できるLANケーブルを使っていない

使っているケーブルが配線環境に合っていなかったり、あまりにも性能が低かったりするとさまざまな問題が発生します。

例えば、細すぎるケーブルを使うことでノイズの影響を受けやすくなったり、性能の低いケーブルを使うことで通信速度が遅くなったりする、といった問題が挙げられます。

新しく購入される方は、配線環境や性能を考慮してLANケーブルを選ぶようにしましょう。

家庭用ゲーム機におすすめのLANケーブルの選び方

家庭用ゲーム機をインターネット通信に有線接続する時は、オンラインゲームに向いているLANケーブルを選ぶことが重要です。

オンラインゲームに向いているLANケーブルの条件は「通信速度が遅くならないこと」「ノイズの影響を受けないこと」の2つです。

これらの条件を満たすために、以下のポイントを押さえてLANケーブルを選びましょう。

・Cat6A(カテゴリ6)のケーブルにする

・環境に応じて単線・より線を選択する

・ケーブルのタイプはノイズ耐性が強いSTPケーブルを選ぶ

それぞれのポイントについて説明します。

 

おすすめはCat6A(カテゴリ6)

LANケーブルは性能によってCat(カテゴリ)分けされており、家庭に適した規格の製品を選択しなければ、高性能なパソコンやケーブルを使っていても通信は速くなりません。

例えば、Cat5A(カテゴリ5A)のLANケーブルであれば100Mbps、Cat6A(カテゴリ6A)であれば1Gbpsが最大通信速度であり、カテゴリ数値が大きいほど最大通信速度が高くなります。

しかし、数値の大きさに比例して料金も高額になってしまうため、明らかにカテゴリ数値が高すぎるケーブルを選ぶ必要はありません。

Cat7やCat8のLANケーブルは最大通信速度も高く、安定して利用できますが、家庭で利用するにはやや性能を活かしきれない上に料金も高額になります。

Cat6AのLANケーブルで支障なくオンラインゲームを楽しむことができるでしょう。

 

単線とより線の違い

LANケーブルの内部は8芯の銅線によって、できています。

単線とより線は、構成の違いによって2種類に分けられています。

単線は8芯の銅線が太い1本の銅線になっている構造のため、より線よりも硬く曲げにくいです。そのため、単線は小回りが利かなく、設置方法によっては不便に感じる可能性があります。

より線は、7本の細い銅線を組み合わせた構造で、単線よりも柔らかいため小回りが利きます。狭いところにLANケーブルを通したい方には、より線の方が便利です。

しかし、耐ノイズ性は単線の方が高いため、より高性能なケーブルを使われたい方は単線にすることをおすすめします。

 

ケーブルのタイプを選ぶ

ケーブルのタイプにはスタンダード、フラット、スリムがあります。家庭用ゲーム機でオンラインゲームを快適に楽しみたい人は、スタンダードのケーブルを選ぶ方がよいでしょう。

ここからはそれぞれのタイプの特徴と、スタンダードがおすすめの理由についてまとめます。

 
通常の太さをしているスタンダート

スタンダードタイプは、通常の太さをしているケーブルです。他のタイプよりもノイズの影響を受けにくく、通信の安定度も高いことが特徴です。

 
平らな形状のフラット

フラットは平らな形状をしているため、カーペットの下に通したい方におすすめです。部屋をスッキリさせることはできますが、スタンダードよりもノイズの影響を受けやすく、通信が安定していない、という特徴があります。

 
スタンダードよりも細いスリム

スリムタイプのケーブルは、スタンダードよりも細い形状をしています。細い形状をしているため、配線まわりをスッキリさせたい方にはおすすめです。

しかし、こちらもフラットと同様、スタンダードよりもノイズの影響を受けやすく通信が安定しにくいことがデメリットとして挙げられます。

おすすめLANケーブルまとめ

家庭用ゲーム機におすすめのLANケーブルを選ぶ際に押さえておいた方がよいポイントは以下です。

・Cat6AのLANケーブルを選ぶ

・より線よりも単線のLANケーブルを選ぶ

・おすすめの形状はスタンダード

配線環境にあったLANケーブルを選んで、安定したインターネットを使えることができれば、家庭用ゲーム機でより楽しくプレイできるでしょう。

👉LANケーブル商品一覧はこちら