More Meaningful Connections

データセンターでコストを削減できる3つの理由

データセンターでは、安全にサーバーを管理できます。遠くの場所からサーバーを操作する回線、電力の確保、建物に対する災害対策なども備わっているので、最適な環境でサーバーを管理できます。

クラウドと似ていると思われるかもしれませんが、データセンターは物理的にサーバーを運営、保管する場所であり、クラウドはオンライン上の場所という違いがあります。今回はデータセンターの活用で生まれるメリットを解説します。

データセンターでコストを削減できる3つの理由

 

  1. サーバーのスペックをフル活用できるうえに光熱費の節約もできる

サーバー機器を運用すると、電力や空調機器、冷却装置などを使って環境を整えるので、多くの電力が必要です。さらに、スペック、サーバーの台数なども必要以上に設置されているので、電力を無駄にしてしまうのです。

しかし、データセンターを活用すれば、こういった光熱費を無駄にせずに済みます。データセンターでは、たくさんのサーバーを一括管理していますので、スペックをフルに活用し、無駄を省いたエコ運用ができるからです。

  1. 運営管理を委託できるため人件費の削減が可能

自社内でサーバーの運用をしていると、専門職を設けて、常に管理してもらう必要があります。サーバー運用というのは、365日・24時間休まずに行うものであり、いつどこで障害が発生したり、サイトが落ちたりするかも分かりません。
そのため、サーバーをしっかり監視できる人材や、人件費が必要になります。

しかし、データセンターを活用すれば、運営会社に管理を任せることができますので、自社で用意する人材は最低限で済みます。そうすることで人件費を削減することができます。

  1. 設備投資の費用が抑えられる

サーバーを運用するとなれば、専用サーバールームが必要なうえ、空調設備などを使って最適な環境を作らなければいけません。セキュリティでも費用がかかりますし、かなりの投資が必要になるのです。

しかし、データセンターを活用すれば、最新サーバー機器を使うこともできますし、セキュリティ面でも安全対策がなされているので、最低限の設備投資に抑えることができます。

コスト削減以外にもメリットはある

データセンターを活用することは、コスト削減以外にもメリットを生みます。たとえば、セキュリティ対策や、地震をはじめとした災害対策にも効果があります。

また、サーバーを運用していくうえで、最適な環境が提供されるのもメリットです。

***

パンドウイットでは、サーバーラックを取り扱っています。省スペースタイプや、環境を最適に保つラックなど、さまざまな種類を展開しています。サーバーを安全に保管するために、質のよいラックを選びましょう。