More Meaningful Connections

オーディオ用LANケーブルとは?

「オーディオ用LANケーブル」というものをご存知でしょうか? ネットワークオーディオの普及とともに販売されるようになったLANケーブルです。今回は、この製品の概要についてご紹介します。

ネットワークオーディオで使用されるLANケーブル

インターネットの普及にともない、音楽をネットワーク経由で楽しむ環境が一般的になりました。それが、「ネットワークオーディオ」と呼ばれるシステムです。パソコンやNAS(ネットワーク接続のハードディスク)、クラウド上にある音楽データを再生します。

ネットワークオーディオのシステムでは、従来のようにCDを入れ替える必要がありません。当初懸念されていたデータの音楽を再生することによる音質の低下も、圧縮技術の進歩によりほとんど問題がないレベルにまで達しています。スマートフォンなどで操作できる利便性も人気のひとつでしょう。

ネットワークオーディオではルーターやNAS、パソコンとハブ、さらにプレーヤーを接続する構成要素としてLANケーブルが使用されています。

LANケーブルの選択でデータの内容が変わることはあり得ない

上述したネットワークオーディオで使用することを前提とした「オーディオ用のLANケーブル」というものが存在しています。多くは「音質の向上」を特徴としている製品です。LANケーブルに選択によって音質は変わるのでしょうか?

結論から申し上げると、LANケーブルによって音質が変化することは考えられません。スピーカーやアンプ、プレーヤーなどの条件が同じとした場合、音質の変化はファイルの内容に依存しています。LANケーブルによって通信速度や安定性は変わりますが、ファイルの中身がLANケーブルによって改変されることはありません。

LANケーブルの選択によってネットワークオーディオシステム全体のレスポンスが悪くなることは考えられます。しかし、それは音質とはまた別の問題です。

LANケーブルで音質が変化するという声も…

上述した常識に対して、「オーディオ用のLANケーブルをシステムに組み込むと音が良くなった」という声は確かに存在します。ただし、この声もオーディオ用LANケーブルを使用した方の意見のすべてではありません。

オーディオのマニアックな世界では、すべての構成要素が音に影響すると考えられています。LANケーブルによる音質の変化も真偽は定かではありませんが、どちらかと言えばマニアックなこだわりと言えるでしょう。

***

オーディオ用のLANケーブルについてご紹介しました。音質の印象は主観による部分が大きいため、オーディオ用LANケーブルを使用しても期待している音が聞こえてくるとは限りません。ネットワークオーディオを今以上の音質にしたい方は、導入してみてはいかがでしょうか。