More Meaningful Connections

LANケーブルの損傷リスクを最小限に抑える3つの対処法

LANケーブルは、インターネットを使ううえで重要なアイテムです。
このLANケーブルが破損していたり、断線していたりすると、インターネットに接続できない、通信速度が遅くなるといった弊害が生まれます。

今回はこのようなトラブルを最小限に抑える3つの対処法を紹介します。

LANケーブルは設置の方法や場所を変えるだけで損傷リスクを抑えられる

LANケーブルの損傷を最小限に抑えるには、設置の仕方や環境などに注意する必要があります。また、個人宅で使う場合とオフィスなどで使う場合にも、対策方法が異なりますので、自分の状況に合った対策方法を実践してください。

  1. LANケーブルの踏みつけを避けるためにフラットケーブルを用いる

LANケーブルは基本的に床の上に置いている人が多いでしょう。個人宅であれば、そういった設置方法でも問題はないのですが、オフィスなどに設置する場合には、床下か天井に設置するのが理想的です。配線部分が平らになっている「フラットケーブル」を使えば、足を引っかけることもありません。

  1. 紫外線を避けて劣化を防ぐ

LANケーブルには耐候性がありません。そのため、紫外線の照射を受けると、劣化スピードが促進します。窓際や屋外など、紫外線が降り注ぐ場所に設置しないように気をつけてください。

  1. 抜き差しの際は丁寧に扱いツメの破損を防ぐ

コネクタには、接続をするために必要な「ツメ」があります。この箇所は、無理矢理引っ張ったり、雑な扱いをすると壊れてしまうことがあります。そうなると、正常に接続ができなくなるので、抜き差しの際には特に丁寧に扱うようにしてください。

LANポートがインターネットトラブルの原因となることもある

ネットに接続ができなくなった原因が、LANケーブルではなく「LANポート」にあるケースも考えられます。

LANポートが正しく差し込まれているか確認後、ネットに接続ができれば、接触不良だということが分かります。それでも改善しない場合には故障している可能性があるので、修理に出しましょう。

パンドウイットの「ブレイクアウェイアダプター」で損傷を防ぐ

LANケーブルに足をひっかけてしまったときや、無理矢理に引っ張ってしまったときなどに、ケーブルが損傷する可能性があります。そんなとき、パンドウイットの「ブレイクアウェイアダプター」を使えば、損傷を防ぐことができます。

強い力で引っ張られると、ケーブルが分離するので、接続機器、LANポートが損傷するのを防いでくれます。

***

LANケーブルの寿命は20~30年なので、上記で紹介したようにしっかりと管理をしていけば、長持ちさせることが可能です。消耗品と思いきや、意外と長く使うことができますので、対処法を実践してみてください。