自宅や旅先で、有線LANを無線化する方法とは?|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

自宅や旅先で、有線LANを無線化する方法とは?

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

有線LAN

インターネットに接続するには、有線LANと無線LANの2種類があります。有線LANはLANケーブルでモデムとパソコンを直接接続することでインターネットが利用できます。一方で無線LANは、電波を利用してインターネットに接続できるため、利用場所に制限が無くインターネットの使用が可能です。

今回は、有線LANを無線化する方法と無線LANの特徴をご紹介します。

有線LANを無線化できる?

有線LANは安定した通信速度が大きな魅力ですが、端末とモデムの距離が遠いと線が足りなかったり、断線してしまったりなどの不都合が起こる可能性もあります。そんな時には、無線LANでのインターネット接続も検討しましょう。

結論、有線LANを無線化することは可能です。

有線LANを無線化するためには、無線ルーターが基本的には必要です。無線ルーターをモデムとパソコンの間に接続することでWi-Fiを飛ばせるようになり、今までどおりにインターネット接続ができます。

無線ルーターの特徴

無線ルーターには、有線LANには無い特徴があります。

 

通信規格

現在、無線ルーターは多くのメーカーから販売されていますが、それぞれに通信規格があります。通信規格にはWi-Fi5やWi-Fi6などがあり、規格によって通信速度が異なるため、対応している通信規格に合わせての購入が必要です。

使用機器がWi-Fi規格に対応していなければ、通信速度が速い規格を使用していても対応できないため注意しましょう。

 

2つの周波数の組み合わせ

無線ルーターは、5GHz帯と2.4GHz帯の2つの周波数が組み合わされており、それぞれの周波数を組み合わせることでお互いの弱点を補っています。

「5GHz帯」は電波干渉に強く障害物に弱い周波数であり、「2.4GHz帯」は電波干渉に弱く障害物に強い周波数です。

 

同時接続台数

接続可能な範囲内であれば、どの無線ルーターでも利用できるというわけではなく、ルーターによって同時接続できる数が決まっています。そのため接続したい端末の数を考え、対応可能な接続数か事前に確認しておくことで、追加購入による無駄な出費を抑えることが可能です。

自宅でできる有線LANの無線化

自宅の有線LANを無線化したい場合には、無線LANルーターもしくは無線子機を購入しましょう。これらはインターネットの通販サイトやホームセンターなどで購入できます。その際に、LANケーブルも必要になるので用意してください。おすすめはCat6(カテゴリ6)以上のLANケーブルです。

手順は下記の通りになります。

①無線LANルーターもしくは無線子機をLANケーブルにつなぐ

②接続した無線LANルーターもしくは無線子機の電源を入れる

③パソコンやスマホに、接続した無線LANもしくは無線子機のパスワードを入力する

旅先でできる有線LANの無線化

旅先で有線LANを無線化したい場合は、持ち運び可能な小型無線ルーターを購入しましょう。

滅多に使う機会がない場合はレンタルもできます。レンタルは1日数百円から、ルーターによっては1ヶ月単位で借りることも可能です。

旅先での有線LANの無線化の手順は、自宅で行う場合と同様になります。

無線ルーターを選ぶポイント

無線ルーターを買おうとすると、さまざまな製品があるため、どれを買えば良いのか悩むでしょう。そこで無線ルーターを選ぶ際に重視すべきポイントをご紹介します。

 

間取りに対応できるかどうか

無線ルーターは、利用できる範囲が定められています。範囲外になるとインターネット接続ができなくなるため、自宅の間取りに対応しているかが重要です。

製品解説ページに対応可能な範囲が書かれているため、必ず確認しましょう。

 

同時接続可能な台数を確認

次に、同時接続可能な台数を確認します。一台のみの使用であれば問題ありませんが、接続する機器が増える予定がある場合は、接続台数の接続に対応しているものを選ぶと安心です。

3台から多い物で200台ほど接続可能なルーターがあるため、利用状況に適したものを選んでください。

 

使用機器の通信規格を確認

前述の通り、無線ルーターには通信規格があります。利用する端末の通信規格に対応しているかも大切な確認ポイントです。

現在、通信規格で最も早いのはWi-Fi6です。しかし、いくら通信規格が早くても使用機器が対応していなければ意味がありません。通信速度よりも、対応可能な通信規格かどうかを重視しましょう。

まとめ

無線LANルーターは、LANケーブルの長さの範囲内での接続という制限を無くし、どこでも快適にインターネットが利用しやすくなります。

既存の有線LANも無線LANルーターや無線子機を使用すれば、簡単に無線化は可能です。ご紹介した無線LANルーターを選ぶポイントを参考に、無線LANルーターを購入し、快適なインターネット接続を実現させましょう。

👉LANケーブル商品一覧はこちら