マンションのLANポートはそのまま使える?

近年は、壁にLANポートが設置されているアパート・マンションも珍しくありません。こうしたLANポートはそのまま使えるのでしょうか? こちらではマンションのLANポートについてご説明します。

契約によってはそのまま使用可能

アパート、マンションなど、居住施設の契約にインターネットのサービスが含まれている場合は、通常部屋のLANポートをそのまま利用できます。部屋の壁に備え付けてあるLANポートとパソコンをLANケーブルで接続するとインターネットを利用できるでしょう。

ただし、パソコンなど接続機器側の設定は求められます。契約関係の書類にまとめられているインターネット接続方法に関する案内を確認しましょう。設定後も接続できない場合は、管理会社に連絡してください。

無線化や複数台の接続にはルーターが必要

近年は、一般の方でも複数台のインターネット接続機器を持っていることは少なくありません。上述したとおりインターネットの接続はLANポートとパソコンをLANケーブルで接続するだけでできますが、複数台のパソコンを接続するためにはルーターが必要です。

ルーターは回線の整理を行うための機器です。ルーターがあれば、複数台の機器で同時にインターネットを利用できます。

さらに、スマートフォンやタブレットなど有線接続できない機器をインターネット接続するためには、Wi-Fiルーターを用意しましょう。スマートフォンはモバイル回線を常時使っているとすぐに通信制限に到達してしまうため、自宅ではWi-Fiに接続するのが一般的です。

ルーター設置の注意点

Wi-Fiルーターをアパート・マンションのLANポートに接続する際には「二重ルーター」にならないように注意が必要です。通常、居住施設のインターネットでは建物自体にルーター機能が搭載されており、居住者側で機Wi-Fiルーターのルーター機能を使用する異常が起きてしまいます。二重ルーターは建物全体のインターネット接続に障害が起きることもあるため、避けなければならないトラブルです。

通常、Wi-Fiルーターはルーター機能を停止してアクセスポイントとして使うことができます。ルーター機能を停止すれば、二重ルーターは起きません。よくわからない場合は、ルーター機能を自動で切り替えるWi-Fiルーターがおすすめです。

***

アパート・マンションのLANポートをそのまま利用する場合も、ルーターを使用する場合もLANケーブルが必要です。LANケーブルは通信の品質の影響を与えます。ストレスなくインターネットを利用するためには、高速通信できるLANケーブルを用意してください。

👉LANケーブル商品の一覧はこちら