More Meaningful Connections

LANケーブルに起こり得るクロストーク

ケーブルが集合している場所で起こる「クロストーク」。電話線で起きていた現象ですが、LANケーブルでも起こり得ます。こちらでは、クロストークの概要やLANケーブルに施されているクロストーク対策についてお話します。

クロストークとは

クロストークとは、隣接しているケーブル同士が相互に影響を受ける現象です。「漏話」「混線」「混信」と呼ばれることもあります。クロストークによって信号が他の導体に移る、もしくはノイズが発生するといった現象が起こります。

もともとは隣接している電話線で起きていた現象です。クロストークが起こると、隣接している回線同士で会話が漏れて聞こえました。この現象は「クロストーク」という名前の由来になっています。

電話線に限らず、ケーブルが集合している環境ではクロストークが起こり得ます。ケーブルごとにクロストーク対策が必要です。

LANケーブルに発生する「エイリアンクロストーク」

LANケーブルにも例外なくクロストークが発生します。LANケーブル同士で起きるクロストークは「エイリアンクロストーク」と呼ばれるのが一般的です。

エイリアンクロストークが起きるとノイズが発生し通信品質が下がります。多くの機器やケーブルが集中しているラック内ではエイリアンクロストークに注意が必要です。また、ループ回数を増やすなど過剰な余長処理を行うと、こちらもエイリアンクロストークの発生原因になります。

信号の周波数が高い場合はエイリアンクロストークのへの警戒が必要だと考えられています。500MHzの信号を伝送する10GBASE-Tではエイリアンクロストークへの対策が必須です。

LANケーブルのクロストーク対策

LANケーブルには4対の信号線が内蔵されていますが、この対同士でもクロストークが発生します。通常は、1対ごとにツイストすることで相互の影響を軽減しています。これは「撚り線」と呼ばれる対策です。

CAT5eのLANケーブルでは内部で信号線同士の距離を空け、クロストークを軽減しています。CAT6では、さらに信号線の間に仕切りを設け、クロストーク対策を実施しています。

CAT6AのLANケーブルは被膜内部に遮断テープを搭載し、エイリアンクロストークにも対処しました。この対策により、10GBASE-Tでの使用も可能となっています。

***

基本的にCATが高いLANケーブルであればクロストーク対策が実施されています。ケーブルが密集している場所では、CATが高いLANケーブルをおすすめします。