絡まりやすいLANケーブルもスッキリ!収納術5選|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

絡まりやすいLANケーブルもスッキリ!収納術5選

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

絡まったLANケーブルをむき出しにしていると、断線しやすくなるだけではなく、部屋が散らかって見えてしまいます。絡まりやすいLANケーブルは、アイテムを活用して収納することで、部屋をスッキリと見せられます。また、お子様やペットがいるご家庭では、つまづいて転倒してしまう心配もでてくるでしょう。

そこで今回は、安いアイテムからおしゃれなアイテムまで、LANケーブルをまとめるアイテムとアイデアをご紹介します。

LANケーブルはまとめるだけでスッキリ

LANケーブルが絡まっていると、その周辺が汚く見えます。ホコリが溜まりやすく、掃除もしにくいため、より汚く見える結果に。さらに、LANケーブル同士が絡まると、断線などの原因にもなりかねません。散らかった配線は、まとめるだけでスッキリとした見た目にすることが可能です。ここからは、結束バンドとワイヤーラックを使って、スッキリとまとめる方法をご紹介します。

 

結束バンドでスッキリ

まずご紹介する収納方法は、結束バンドでまとめる方法です。結束バンドの素材は耐久性の高いナイロン製の製品が一般的です。しかしナイロン製の多くは一度束ねてしまうと、取り外したい場合は切断せざるを得ないため、その都度つけ直しましょう。繰り返し利用したい場合は、取り外しが手軽に行える、マジックテープ式またはロールタイプ式の結束バンドがおすすめです。

 

ワイヤーラックで浮かせて収納すれば掃除もしやすい

テレビ周りのケーブルは特に絡まりやすく、掃除が困難です。そこで、ワイヤーラックを使い、LANケーブルを浮かせればテレビ裏の掃除も簡単になります。

ワイヤーラックに収納する際は、LANケーブルを結束バンドで束ねてから収納しましょう。ワイヤーラックのサイズにより、大量のLANケーブルを収納でき便利です。

隠す収納

ケーブルが見えていると、インテリアの邪魔になることがあります。このような場合には、LANケーブルを隠して収納しましょう。ケーブルが見えないだけで、インテリアが引き立ちおしゃれな部屋に見えます。ここからは、LANケーブルを隠す収納術をご紹介します。

 

ケーブルボックスで見せない収納

まずご紹介する方法は、ケーブルボックスを使った隠す収納術です。

ケーブルボックスはデザインも豊富で、部屋の雰囲気によって選びやすいアイテム。そのため、部屋の雰囲気に合ったケーブルボックスを使用すると、ケーブルボックスそのものがインテリアになります。

ケーブルボックスを購入する際は、収納や配線しやすいデザインの製品を選びましょう。LANケーブルを収納する場合は、カバーや蓋が大きく開き、かつ配線穴が天板や背面に直結して大きく削れているデザインのケーブルボックスを選ぶと、ケーブルを接続したままでも収納できます。

また、通気性があるケーブルボックスを選ぶことも大切です。ケーブルボックス内に熱がこもると、ケーブルボックスが変形する恐れがあるため、配線穴以外の隙間や空間も確認した上で購入しましょう。

 

箱やランタンでも隠す収納

比較的安価な箱やランタンボックスも、ケーブルボックスとして利用できます。例えば、おしゃれなペーパーボックスに収納すると、部屋のインテリアを邪魔することなく、LANケーブルをまとめられます。ペーパーボックスは、100円ショップなどでも購入が可能ですし、自分で木の板を組み合わせて、家の雰囲気や好みに似合うようにDIYでつくってみるのも良いかもしれません。

 

デスクや机の下に隠す収納

デスクや机の下に、LANケーブルを隠して収納する方法もあります。デスクや机の下に収納する場合は、ファイルボックスを使ったり、デスクの下にコンセントを貼り付けて配線を隠すことができます。

ファイルボックスは100円ショップなどでも購入できるため、費用もかからず手軽に購入できる点が嬉しいポイント。ファイルボックスの背に穴が開いている物を選べば、そこからコードを通すことで、複数あるLANケーブルもまとめて収納できます。

コンセントを貼り付けて配線する際に活躍するアイテムが、壁掛けフックです。デスク下の壁にフックを付け、コードにリングを取り付けてフックにかければ、配線を隠して収納できます。フックにかける際は、コードをそのままかけると滑り落ちやすいため、コードにリングを取り付けてください。

また、配線を隠せるデスクを活用する方法もおすすめです。専用のデスクではなくても、デスクに後付けできるケーブル収納専用のアイテムがある製品もあります。これらを活用することで、デスクに穴を開けずにスマートに収納することが可能です。

まとめ

LANケーブルが複数あるとケーブル同士が絡まりやすく、掃除しにくい、部屋が汚く見える、断線するなど、生活にさまざまな悪影響を及ぼします。お部屋にぴったりな方法でLANケーブルを収納し、スッキリと綺麗にしましょう。

👉LANケーブル商品一覧はこちら