LANケーブルとは

ネットワーク環境には、例外なくLANケーブルが使用されています。普及の一方で、LANケーブルの基本的な情報をご存知の方は多くないかもしれません。こちらでは、LANケーブルの概要や種類についてお話します。

LANケーブルとは?

LANケーブルに起こりやすい故障は以下の3つです。

LANケーブルはネットワーク配線で使用するケーブルのひとつです。「LAN」は「Local Area Network」の略であり、近接範囲内の機器同士をつなぐネットワークを意味します。LANの一般的な通信規格である「イーサネット(Ethernet)」ではいくつかの種類のケーブルが採用されていますが、その中でもLANケーブルが最も普及しています。

一般的なLANケーブルの両端には、「RJ45」という四角形のコネクタが設けられています。8本の銅線を2本ずつにより合わせている点が構造上の特徴です。コネクタに導入されたツメの機構が、抜け落ちを防止します。

無線通信が普及した現在でも、通信速度やセキュリティの問題から有線接続が求められるシーンは少なくありません。LANケーブルは、有線ネットワークにおける必需品として活用されています。

LANケーブルのさまざまな分類方法

LANケーブルにはさまざまな種類があり、環境や求める通信品質に応じて使い分けられています。LANケーブルの分類方法をご紹介しましょう。

シールドの有無

LANケーブルの中には、外側にノイズによる通信品質の影響を軽減するためにシールドが施されたものがあります。UTPケーブル(Unshielded Twisted Pair Cable)には、シールド処理が実施されていません。対してSTPケーブル(Shielded Twisted Cable)には、シールド処理が施されていますが比較的高価です。

カテゴリ(CAT)

カテゴリ(CAT)は、LANケーブルを性能で分類する規格です。「CAT5」「CAT6」「CAT7」といったケーブルの印字が、そのケーブルが属しているカテゴリを示しています。カテゴリの数字が大きいケーブルほど、高速での通信が可能です。

ストレート・クロス

ストレートタイプのLANケーブルは内部で銅線が交差しておらず、両端が配線になっています。対して、クロスタイプのLANケーブルは内部で銅線が交差しているため、両端の配線が異なります。一般的に、ストレートタイプはパソコンとルーター間、クロスタイプはパソコン同士の接続で使用されるものです。しかし、近年は配線の自動判別機能を搭載した機器が多く、クロスタイプの必要性は薄れています。

ケーブルの形状

LANケーブルには「スタンダード」「スリム(極細)」「フラット」といった形状の種類があります。求める通信品質や、ケーブルを設置する施設のレイアウトによって使い分けられています。

***

インターネットがインフラになった現在、LANケーブルはどの施設でも欠かせないものです。今回ご紹介したようなLANケーブルの基礎知識を、ぜひ頭に入れておいてください。

👉LANケーブル商品の一覧はこちら