ドアの隙間にLANケーブルを通したいときの便利アイテムを紹介|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

ドアの隙間にLANケーブルを通したいときの便利アイテムを紹介

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

LANケーブル

引っ越しをした時など、インターネットが使えない場所や部屋があることに驚く人も多いのではないでしょうか。

無線LANが主流となっていますが、大きな容量を使用する場合、安定して使用できる有線接続は、在宅勤務の人にとって頼れる存在となります。

有線接続に必要な「LANケーブル」を通すためには、いくつか障害があります、しかし、それを解消してくれる便利なアイテムも存在するのです。本記事では、LANケーブルをドアの隙間から通すための方法や、アイテムについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

LANケーブル配線に障害となりやすいドア

無線LANは、自宅内どこでもインターネットに繋がる利便性が重宝されています。例えば、戸建などどこの部屋にいても気分のまま仕事場を変えたり、家族で1台のPCを共有するご家庭など配線を気にせずに移動できるのは楽でしょう。

最近増加している在宅ワークでは、オンラインで会社や取引先の顔を見ながら会議や打ち合わせをしたり、趣味のオンラインゲームをプレイしていると、通信速度や安定性に不安を感じることがあるのではないでしょうか。

有線だと他の機器からの影響を受けにくく、壁などの障害物に阻まれても速度の心配する必要がありません。セキュリティ面でも情報漏洩の心配が少ないので、企業によっては有線であることが在宅ワーク条件とするところもあるようです。

メリットの多い有線LANですが、設置するのに問題もあります。

第一に、自宅のドアを通す際の問題です。長いケーブルを通しても、ドアが閉まらない不便をそのままにするわけにはいきません。また足元にケーブルがあると、引っ掛けたり、見た目の問題も出てくるでしょう。他にもドアに当たった衝撃で断線したり、怪我しては意味がありません。障害となるドアの問題について、便利アイテムが販売されていますので、ひとつずつご紹介します。

すきま用LANケーブル

まず、ドアのすきまに通すことを目的とした、「すきま用LANケーブル」があります。

通常、家庭内に取り付けられている間仕切りとしてのドアには、蝶番の部分や、上下にわずかな隙間が存在します。

また屋外からの室内にケーブルを通す場合も、窓のわずかな隙間に通せる2mm以下という薄さが快適性をもたらしてくれるケーブルです。通したい各家庭のドアの隙間によって、選ぶ種類が変わりますので、有線LANを考えている人は、通したいドアの状態をチェックしてみましょう。

ドアを開閉した時にぶつからない隙間が2mm以上あれば、最適といえます。ドアに当たらないとは言っても、ドアの開閉時に多少なりとも負担になることもありますので、できる限り静かにゆっくりと閉めるように注意しましょう。

すきま用LANケーブルは、商品によっては1mm以下という薄さのものもあります。衝撃が負担となり切れる原因にもなりますので、通すドアの位置にも配慮しましょう。取手側は、擦れてしまう可能性もあります。

引き戸の場合は細くて耐久性の高いLANケーブル

引き戸はドアと違い、比較的ピッタリと閉まるので、引き戸にLANケーブルを通したい場合は耐久性の高いものを検討しましょう。パンドウイットのLANケーブル Cat6A(カテゴリ6A) (極細LANケーブル)は、耐久性が高く、直径がおおよそ3.8mmであるため、室内でも邪魔になりにくいです。また、爪折れ防止プラグがついているのも特徴です。

耐久性が高くねじれにくいため、窓の隙間をスムーズに通すことができるので、室内の引き戸でも問題なく使用ができるでしょう。正しく使用すれば、どの部屋でも安定した通信速度を期待できるLANケーブルでしょう。

3mm以上の隙間がある場合はフラットタイプLANケーブル

接続する手間が省ける、「薄型のロングケーブル」もあります。

ケーブルの厚さは3mm以下ですので、1本で配線できます。3m・5m・7mなど色々な長さがありますので、必要な長さのケーブルを選びましょう。ですが、通しただけでは浮いてしまい、足を引っ掛けたり、美観も損なってしまいます。小さいお子様がいるご家庭やペットがいる場合大変危険なので、壁や床の邪魔にならないところにテープやフックなどで止めるようにします。

他にカーペットやマットの下に這わせることも可能なので、一般の家庭用ケーブルとしても使い勝手が良く、インテリアにも程よく馴染むケーブルです。

その反面、引っ張りの強度には弱い傾向がありますので、設置の時や毎日の生活環境でケーブルを引っ張ることがないように気をつけましょう。

障害をクリアして有線LAN環境を確保しましょう

家庭によって様々な問題が出てくる接続に関する問題に対応し、便利に使えるLANケーブル商品が販売されています。自宅の形状や問題に合った商品を探すことで、安全かつ快適な生活になるでしょう。

👉LANケーブル商品一覧はこちら