More Meaningful Connections

社内ネットワークで必須のバックアップ

社内ネットワークをセキュリティ対策なしで使い続けていくのはあまりにも危険です。とりわけ、バックアップは社内ネットワークのシステムを運用していくうえで必須のタスクとして考えられています。こちらでは、バックアップの必要性や、代表的なバックアップの手法である「システムバックアップ」「データバックアップ」についてお話します。

バックアップはなぜ必要か?

バックアップは、通常業務でデータやファイルを取り扱う会社であれば当たり前のように行われています。専用システムを使用している会社であれば、システム運用のタスクのひとつとして組み込まれているはずです。バックアップはなぜ必要なのでしょうか。

バックアップは「リスクに備えるための試み」です。データ、システムには常に破壊や改ざん、ウイルスの感染といったリスクがつきまといます。システムへの依存度によっては、トラブルによってオペレーションが停止してしまうことも考えられます。バックアップを用意しておけば、システムの復旧は容易です。

私用のデータやシステムであれば障害が起きても問題ありませんが、ビジネスで取り扱われるデータ・システムの障害は大きな損害につながります。いつ起こるか予測できないトラブルに備え、バックアップは必要です。

システムバックアップ

システムバックアップはシステムをまるごと保護するバックアップです。「イメージバックアップ」とも呼ばれています。その名のとおり、システムを「イメージ」で複製するバックアップであり、障害が起きる前の状態をそのまま復元できます。OSの再インストールやファイルの場所の管理を意識する必要はありません。一方で、バックアップの作業自体に時間がかかるというデメリットもあります。

データバックアップ

データバックアップとは、その名前のとおりデータ単位のバックアップです。「ファイルバックアップ」といった呼称もあります。すべてのデータを都度保存する「フルバックアップ」、増えたデータのみを保存する「増分バックアップ」、初回バックアップから増えたデータを保存する「差分バックアップ」といった方法があり、バックアップ対象や現場の運用方針によって使い分けられています。

***

社内ネットワーク、システムの保全にバックアップは欠かすことのできない取り組みです。システムバックアップ、データバックアップを適宜使い分けて、安全なシステム運用を目指してください。