More Meaningful Connections

クラウド時代に社内サーバーを導入するメリット

ビジネスにおける活用が普及しているクラウドストレージやサーバー。一方で、物理的なサーバーを社内に設置することでしか守れないセキュリティもあります。こちらでは、クラウドサーバーの懸念点や社内サーバーを設置するメリットについて深堀りしていきます。

オンラインのストレージは便利だが……

現在では、クラウドのストレージをビジネス利用する例も目立っています。どこでもアクセスできる利便性や低コストによる導入の容易さが評価されているようです。当初懸念されていたセキュリティ面の信頼も十分であると考えられています。

しかし、外部のサービスをビジネス利用するリスクについては常に意識する必要があるかもしれません。無差別なサイバー攻撃はクラウドサービスも例外なく標的にします。攻撃に対するセキュリティ意識は、クラウドサービスを提供する事業者によって異なるようです。

さらに、クラウドの便利なアクセスというメリットは、データがあちこちに散らばり結果的にデータの管理を難しくする危険性もはらんでいます。この点は、ユーザーの意識やリテラシーに依存しているとも言えるかもしれません。いずれにせよ、オンラインストレージが、すべての現場にとって万能の解というわけではないでしょう。

バックアップ意識の低下は危険

クラウドのストレージによって懸念されるのは、バックアップ意識の低下です。クラウドによる自動的、かつほとんど意識の必要のないバックアップは、多くの現場で評価されるようになりました。しかし、バックアップの仕組みや範囲は、ユーザーの想像とは異なる場合も往々にしてあります。

オフィスにいる従業員や経営者さえもバックアップの仕組みや場所を知らない状態は、むしろ危険かもしれません。「クラウド」という安心感によって、こうした事態がまねかれやすくなっているのは事実です。

社内サーバーへの接続は有線がおすすめ

上述したような理由から、クラウドが普及した今でも物理的な社内サーバーを設置する意義はあります。さらに、社内サーバーへの接続は、物理的にケーブルをつなぐことがネットワークへの参加条件である有線LANがおすすめです。パスの設定や暗号化など、一定の条件をクリアすると接続が可能になってしまう無線LANは、ビジネスでは依然として好ましくないと言えます。

***

クラウドや無線LANなどは便利な技術です。一方で、ユーザーの意識や知識が問われるとも言えます。セキュリティ意識を忘れずに適宜利用し、重要性の高いデータの格納のために社内サーバーを設置するのが賢明かもしれません。