LANケーブルとWi-Fiは何が違うの?それぞれのメリットとデメリットを紹介!|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

LANケーブルとWi-Fiは何が違うの?それぞれのメリットとデメリットを紹介!

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

インターネットが、生活に欠かせなくなっている方も多いのではないでしょうか。そんなインターネットを利用する上で必要となるアイテムの一つに、LANケーブルとWi-Fiが挙げられます。LANケーブルとWi-Fiはネットを利用する上で重要なアイテムです。

今回は、それぞれの違いとメリット・デメリットをご紹介します。

LANケーブルとWi-Fiの違い  

LANケーブルとWi-Fiは、どちらもインターネットと機器を接続するための役割を担っています。両者の大きな違いは有線か、無線かという点です。

LANケーブルは、有線でインターネットに接続するためのアイテムです。LANケーブルを用いることで、端末と光回線を直接繋げるため、安定した通信が可能になります。

一方のWi-Fiを用いると、無線で端末をインターネットに接続できます。配線された回線を、Wi-Fiルーターで無線に変換してインターネットに接続します。配線がなくなることで、断線などのトラブルやインテリアを邪魔せずにインターネットが利用できます。

 

LANケーブルのメリット

LANケーブルを使う大きなメリットは、高速で安定した通信が可能になることです。端末と光回線を直接接続できるため、動画やオンラインゲームといった重いデータも、高速かつ安定した通信ができます。

また、LANケーブルであれば目で直接確認できるため、接続不良などのトラブルが起きた際に、原因を突き止めやすいという点もメリットです。さらに、複数のLANケーブルを使用すれば、一つの光回線で複数の端末を同時に接続することもできます。

 

LANケーブルのデメリット

LANケーブルのデメリットは、繋ぐ端末の数が多くなれば、その分配線も多くなるという点です。配線が多くなれば、LANケーブル同士が絡まりやすくなります。

また、LANケーブルは時間の経過とともに劣化します。劣化すると断線したり、通信が不安定になりやすいです。さらに、端末の移動が難しく、一定の場所でしかインターネットを利用できないというデメリットもあります。

 

Wi-Fiのメリット

Wi-Fiのメリットは、配線が不要・端末の移動ができる・データ共有が簡単などがあります。

まず、Wi-Fiは前述の通り無線でインターネットに接続できるため、端末の設定をすればインターネットに接続するために配線する手間を省けます。また、接続可能エリア内であれば、どこにいてもインターネット接続が可能です。

 

Wi-Fiのデメリット

一方でWi-Fiのデメリットには、電波干渉を受けやすい・通信速度が不安定・セキュリティが弱い点などです。

Wi-Fiでの通信は、家電などの電波の干渉や部屋の作りに影響を受けます。1階にWi-Fiを設置して2階でインターネットを利用する場合や、壁が間に入る場合は、通信が不安定になりやすいです。また、接続可能エリアが広い場合、自分の家だけではなく隣の家など他の家に電波が届くことがあるため、セキュリティ面での不安があります。

LANケーブルとWi-Fiの使い分け方

ここまでご紹介した通り、LANケーブルとWi-Fiにはそれぞれにメリットとデメリットがあります。うまく活用するためには特徴を知り、使う環境に応じて使い分けることが大切です。

まずは、光回線の用途を明確にしましょう。これは、LANケーブルとWi-Fiには、使う端末により向き不向きが異なるためです。デスクトップパソコンやデジタルAV家電など、移動をすることがほとんどない端末であれば、安定した通信が可能なLANケーブルがおすすめです。一方で、スマートフォンやタブレット、ゲーム機など、移動することの多い端末は無線LANが便利です。

また、接続台数にも目を向ける必要があります。Wi-Fiは同時接続台数が多くなると、通信が不安定になりやすいです。そのため、オフィスなど同時接続台数が多くなることが予測される場合には、LANケーブルを使用した方が良いでしょう。

 

LANケーブルとWi-Fiの併用の仕方

LANケーブルとWi-Fiは、どちらかのみを使用するだけではなく、併用することも可能です。

Wi-Fiルーターには、LANケーブルの差し込み口があります。LANケーブルの差込口にLANケーブルを差し込むことで、より安定した高速な通信が可能になります。

 

通信速度が落ちた時

インターネットを利用していると、通信速度が落ちたと感じることがあります。

通信速度が低下した場合には、ハイスペックのルーターに取り替えることをおすすめします。なお、ルーターを追加しても速度が改善されることはないため注意してください。ルーターを二重に使用すると、かえって速度が低下してしまう恐れがあります。

長時間連続して使用していると、ルーターは熱をもちます。この場合は、ルーターを再起動することで、通信速度が改善されるでしょう。まずは、ルーターを再起動し、それでも改善されなければルーターを買い替えると良いでしょう。

LANケーブルとWi-Fiを使い分けよう

インターネットの使用環境や端末によって使い分けを行い、快適にインターネットを利用できるようにしましょう。

👉LANケーブル商品一覧はこちら