More Meaningful Connections

社内ネットワークに活用! VPN接続について

企業のネットワークには、家庭用のネットワークよりもはるかに堅牢なセキュリティが求められます。複数のアクセスポイント間で安全なネットワーク環境を構築するために生まれた技術が「VPN接続」です。こちらでは、VPN接続の概要や、VPN接続の2つの種類についてお話します。

VPN接続とは?

VPNとは「Virtual Private Network」の略であり、日本語では「仮想プライベートネットワークを意味します。「プライベートネットワーク」は、「ローカルエリアネットワーク」「LAN」と置き換えても問題ありません。つまり、VPN接続とは、特定の限定されたコンピュータ同士を「仮想的」に接続することを指します。

VPN接続は、企業がネットワークを構築する方法として一般的です。東京支所・大阪支所・名古屋支所など、それぞれのネットワークがある場合も、VPN接続を利用すれば、ひとつのネットワークとして共有できます。また、VPN接続を利用すれば、ノートパソコンで社外のインターネットを利用して社内ネットワークにアクセスすることも可能です。

離れた支所間でローカルエリアネットワークを構築する場合、かつては専用線で支所間を結ぶしかありませんでした。一方で、コストの問題から専用線を導入できる企業は少ない状態でした。VPN接続はローコストでローカルエリアネットワークを構築する仕組みとして2000年頃から普及してきた方法です。かつて懸念されていたセキュリティの問題も、業務利用が現実的なレベルまで解消されています。

インターネットVPN

インターネットVPNは一般的なインターネット回線を用いてVPN接続を実現する方式です。各拠点を結ぶために、専用のVPNルーターが使用されています。また、デバイスに専用の接続ソフトウェアを導入すれば、社外でもVPN接続が可能です。通常のインターネット回線を利用することから、導入コストが低いVPNとして広く普及しています。

IP-VPN

IP-VPNは、通信事業者が通常のインターネット回線とは別に提要している隔離された回線を用いてVPN接続する手法です。完全に独立した回線のため、高いセキュリティレベルが実現できます。他のユーザーによるトラフィックもないため、通信は安定しており高速です。

***

社内ネットワークを構築する方法として、VPN接続は極めて安全性の高い技術です。現在では多くの事業者が企業向けにVPN接続のサービスを提供しています。自社のニーズに沿ったVPN接続サービスを選択してください。

👉セキュリティに関することはこちら