誤配線・ループを防止! ラベルをフル活用

誤配線やループなど配線トラブルの最もたる原因は、複雑な配線状況をケーブルが識別できない状態で放置しておくことです。トラブル回避、またメンテナンス性の向上のためラベルでケーブルを識別可能にしておきましょう。

ケーブルの種類記載・配線の注意喚起など、用途は多彩

社内ネットワークでは拡張のたびに配線が複雑になっていきます。自宅サーバーなどを設置している場合、一般家庭のネットワークでもケーブルの管理が難しくなってしまうかもしれません。ケーブルの出力側、あるいは入力側がわからないままで放置しておくと、ループや誤配線の原因となります。

配線が複雑さを極める前にラベルを使用して各ケーブルを識別できるようにしておくのが賢明です。ラベルの記載方法に明確なルールはありませんが、ケーブルの種類や入力・出力機器の名前を記載しておくとわかりやすいでしょう。ループなど頻発しているトラブルがある場合は、「ループ注意!」のように注意喚起をテキストで記載するのもおすすめです。

見やすい回転ラベル

パンドウィットコーポレーションでは、密度の高い配線環境に最適な回転ラベルを提供しています。ケーブルに巻き付けるだけの簡単な取り付け方法のため、すでに接続したケーブルを取り外すことなく導入できます。巻き付け後もラベルを回転させることで簡単に記載情報を確認可能です。ハンディプリンターやレーザープリンターでの印刷に対応しており、スピーディーに必要なラベルを量産できます。

タグ、プレートも適宜使用

ラベルのほかにも以下のようなケーブルを識別するためのアイテムがあります。複雑な配線では適宜使用しましょう。

タグ

配線がそれほど過密ではない場合は、タグを取り付けるのもおすすめです。各ケーブルの情報が見えやすいため、取り外しが容易にできます。

プレート

プレートは太径ケーブルの識別に使用されます。バンドで巻き付けるため、配線完了後の取り付けが可能です。屋外、高温、高湿環境など、耐久性が要求される環境での使用が一般的です。

***

ラベルやタグ、プレートの取り付けは手間と時間がかかりますが、一度実施しておけばその後の配線管理が容易になります。ネットワーク環境の拡張やメンテナンスは必要な作業であり、そのたびに各ケーブルの何の情報もなしに識別するのは非効率です。可能な限りネットワーク環境が小規模なうちに識別できる情報を記載したアイテムを取り付けましょう。

👉回転ラベル・プリンタに関してはこちら