More Meaningful Connections

社内ネットワークの基本!「LAN」と「WAN」

ネットワーク環境の構築には必要不可欠なLANケーブルですが、「LAN」という言葉の意味はご存じでしょうか。また、対になる言葉として「WAN」というものもあります。こちらでは、ネットワークの基礎知識である「LAN」と「WAN」の違いについてお話します。

「LAN」とは

「LAN」とは「Local Area Network」の略であり、限定された範囲内をつなぐネットワークを意味します。オフィスや学校、一般家庭など小さなエリアで使われているネットワークはLANです。LANケーブルは、限定されたエリアのネットワークで使用されるケーブルということになります。例としては、ルーターとパソコンをつなぐネットワークや、パソコンとパソコンをつなぐネットワークがLANに該当します。

LANは後述するWANとは対照的にクローズドなネットワークです。原則としてLANのみでやり取りされている情報はユーザーが意図しない状態で世界に公開されることはありません。セキュリティーやプライバシーが維持されているネットワーク
と言えます。この機密性や安全性を維持するために、グローバルIPアドレスとは異なるローカルなIPアドレスが使用されています。

「WAN」とは

「WAN」とは「Wide Area Network」の略であり、広範囲なネットワークを意味します。簡単に言えば、「遠く離れたエリアをつなぐネットワーク」です。東京・大阪の支所間など、物理的なケーブルで結ぶことが困難なエリアで通信をするためのネットワークと理解してもよいでしょう。

インターネット全体もWANのひとつということになります。インターネット接続に用いられるルーターは、WANとLANを中継するような存在です。一般的なルーターには、WANのLANの差し込み口が用意されています。

WANに接続する方法としては、光ケーブルや電話回線が挙げられます。また、スマートフォンに採用されているような4G(LTE)などのモバイルネットワーク回線もWANにアクセスする回線のひとつです。

***

いかがでしたか?普段当たり前のようにLANケーブルを使用している方も、「LAN」というワードの意味がおわかりいただけたかと思います。LANとWANは基本的ながら、ネットワークやインターネットを理解するためには重要な概念です。ネットワークを運用する方は、LANとWANの概念を理解しておくようにしましょう。

👉LANケーブル商品の一覧はこちら