More Meaningful Connections

LANケーブルの「CAT(カテゴリ)」による速度の違い

LANケーブルは、いくつかの基準によって分けられています。基準のひとつが「CAT(カテゴリ)」という規格です。こちらでは「CAT」の概要や、通信速度をはじめとする速度の違いについてお話します。

「CAT」とは?

一見するとどれも同じに見えるLANケーブルですが、実際には「CAT(カテゴリ)」という規格によって分けられています。LANケーブルにはコネクタの部分などに「CAT○○」といった印字があります。その表示により、使用しているLANケーブルのCATを確認可能です。

CATは適合するイーサネット(LANに採用されている通信規格)と通信速度が違います。以下では主なCATの性能についてご紹介しましょう。

CAT5

通信速度:100Mbps
イーサネット:
10BASAE-T
100BASE-TX

CAT5e

通信速度:1Gbps
イーサネット:
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T

CAT6

通信速度:1Gbps
イーサネット:
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX

CAT7

通信速度:10Gbps
イーサネット:
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T

CATを基準に選ぶLANケーブル

上述したとおり、LANケーブルはCATによってそれぞれ通信速度が決まっています。現在、家庭用に提供されている光回線では、1Gbpsの通信速度が一般的になりました。光回線サービスを利用しているのであれば、CAT5のケーブルでは通信速度が低下してしまいます。CAT5eや6のケーブルであれば、光回線のメリットを享受できるでしょう。

集合住宅のモジュラージャックに直接LANケーブルを差す場合は、モジュラージャックによって適応するCATが決まっている場合がありますので注意が必要です。また、ルーターとケーブルの適合イーサネットにも気をつけなければなりません。

CAT7は業務用サーバー、データセンターで使われています。現状、家庭用のLANケーブルとしてはオーバースペックですが、今後はCAT7のケーブルが要求されるようなサービスが提供されるかもしれません。

***

同じ環境でもCATに注目してLANケーブルを変えるだけで、ネットワークの速度が激変する場合があります。LANケーブルは、求める快適性に応じてCATに注目して選ぶようにしてください。