まとめ方ひとつで干渉の原因に?LANケーブルの正しい束ね方と注意点|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

まとめ方ひとつで干渉の原因に?LANケーブルの正しい束ね方と注意点

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

LANケーブル

複数のLANケーブルを使用していると、ケーブル同士が絡まってしまいます。そのため、様々な方法でまとめている方が多いでしょう。

しかし、まとめ方を誤ると、干渉してしまう可能性があることをご存じですか?あらゆるトラブルの原因となるため、注意してください。

この記事では、LANケーブルの正しい束ね方や、その際の注意点を解説していきます。とても簡単なので、ぜひ取り入れてみてください。

LANケーブルをまとめるメリット

LANケーブルをまとめることには、たくさんのメリットがあります。ここからは、LANケーブルをまとめるメリットについて解説していきます。

 

部屋がスッキリして見える

インターネットに接続して使用するデバイスが増加している近年では、複数台の機器をLANケーブルで接続します。特にオフィスでは、多数のパソコンやルーターなどを使用するため、その分配線も増えていくでしょう。その結果ケーブルがごちゃごちゃになり、見栄えが非常に悪くなります。

そこで、LANケーブルをきちんとまとめるだけで、部屋がスッキリして見えるのです。

 

管理がしやすい

デバイスやLANケーブルの数が増えると、どのケーブルがどの機器に繋がれているのか、分からなくなってしまうケースが多いです。その結果、外してはいけないケーブルを引き抜いて、回線が途切れてしまうなどのトラブルが発生します。

しかし、ケーブルをまとめると、一目でどのケーブルがどの機器と繋がっているのかが分かるのです。

 

LANケーブルの破損防止

必要以上に配線が長くなると、たるんだ部分が床に垂れることがあり、それを放置していると、つまずいたり踏んだりしてしまいます。転倒によって怪我の恐れがあり、非常に危険です。

また、踏んづける回数が増加すれば、LANケーブルがダメージを負います。最終的には、破損して使えなくなることも考えられるでしょう。

LANケーブルを束ねるには「結束バンド」がオススメ

LANケーブルを束ねる方法はいくつかありますが、おすすめは結束バンドを使った方法です。

結束バンドといっても、大きく分けて2種類あります。1つ目は、「ナイロン式」。強度は高いですが、一度結束すればハサミなどで切らない限り取り外せません。

2つ目は、「マグネットテープ式」です。ナイロン式よりも強度は劣りますが、何度でも取り外せます。また、柔軟なのでケーブルや手を傷める心配がありません。

どちらにもメリットとデメリットがあるため、用途などに合わせて選んでください。

LANケーブルの正しいまとめ方

LANケーブルをスッキリさせるためには、結束バンドを使ってまとめるのがおすすめです。ここからは、LANケーブルの正しい束ね方についてお伝えします。

 

きつく締めすぎない

LANケーブルは、どちらかというと横から加わる力に弱い性質です。したがって、結束バンドで強く締めすぎると、内部が折れ曲がる恐れがあります。その結果、通信状態が不安定になる、通信が切断されるなどのトラブルが発生するかもしれません。

また、ケーブルが床に垂れるからといって、机や棚などにくくり付けるのは避けましょう。家具を移動させる時に断線することが考えられるためです。

 

電源ケーブルと一緒に束ねない

電子機器を利用するシーンでは、LANケーブルの他に、電源ケーブルなどを使うことが多くなります。ケーブルの種類を気にせずにまとめている方もいるでしょう。

しかし、LANケーブルと電源ケーブルをまとめて束ねるのは危険です。異質のケーブル同士をまとめると、干渉する恐れがあるためです。必ずケーブルごとに分けてまとめてください。

 

LANケーブルを丸める

長いケーブルを丸めて束ねてもいいのか?という疑問を持つ方は多いですが、ケーブル線の規格によってことなります。ただし一般的には、「ケーブル外径の、4倍以上の推奨許容曲げ半径が必要」だといわれています。

したがって、どうしても丸めたい場合は、事前に測っておきましょう。

ただし、上記の条件を満たしていても、きつく丸めることはあまりおすすめできません。できる限りゆるやかに丸めてください。

 

室内にあったLANケーブルの長さを選ぶのもポイント

LANケーブルが長すぎた場合は、束ねたり丸めたりすることでトラブルの発生を防止できます。しかし、できれば部屋の大きさやレイアウトに合うものを選んでください。

たとえばパソコンとルーターの距離が近ければ、長いケーブルは必要ありません。事前に距離を測って、丁度いい長さを用意しましょう。

そうすることで、ぐるぐる巻きにしたり、無理に束ねたりすることを避けられます。ケーブルの破損や通信速度の低下なども予防できるでしょう。

LANケーブルを長持ちさせて快適なネットワークを

複数のLANケーブルを使っていて整理整頓がむずかしい場合は、結束バンドなどを活用して束ねましょう。転倒事故や、機器の故障が発生しないように注意してください。ただし、きつく締めたり、異質のケーブルとまとめたりするのは避けましょう。

👉LANケーブル商品一覧はこちら

👉結束バンド商品一覧はこちら