無線LANの置き方NG集|LAN周りにお困りの方向け|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

無線LANの置き方NG集|LAN周りにお困りの方向け

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

LAN

「Wi-Fiの通信速度が遅い」「無線LANルーターを買ったばかりなのにネットに繋がりにくい!」など、ご自宅や会社のWi-Fi通信に不満を感じていませんか?

もしかしたら、適切な場所に無線LANルーターを置いていないことが原因かもしれません。買い替えの検討や故障を疑う前に、まずは配置場所をチェックしてみましょう。

今回は、無線LANルーターの電波を妨げる原因となる配置場所や、理想的な配置場所について解説していきます。

快適な通信環境の妨げに?無線LANルーターの置き方について

無線LANルーターの通信速度は、置き場所によって大きな差が生じるものです。気づかないうちに、NGとされる配置場所に置いていることも考えられます。

通信速度に不満を感じた場合は、まず現在の置き場所をチェックしてみましょう。

 

NG①床に直置き

無線LANルーターは、球体状に丸く電波を放つ仕組みになっています。

床に直置きすることによって、床の断熱材や鉄筋などに電波が吸収される、もしくは反射されてしまうため、電波が半減して弱まってしまうのです。

高性能なWi-Fiルーターを買ったとしてもスペックを十分に活用できないため、床からは最低でも1m離すことが望ましいでしょう。

 

NG②部屋の隅に置いている

無線LANルーターを部屋の隅に置いてしまうと、電波を飛ばすときに死角となる箇所が発生してしまい、電波が十分に届かないケースがあります。

NG①で解説したように、球体状に電波を飛ばす無線LANルーターの仕組みを活かせないため、部屋の隅に置くのはおすすめできません。

部屋の隅々までに電波を飛ばすためには、死角となる部分をなるべく最小限に止めることが大切です。

 

NG③窓際に置いている

無線LANルーターを置いている近くに窓がある場合は、窓ガラスを通して電波が外に逃げてしまいます。電波が外に逃げることによって、室内に行き渡る電波が半減してしまうため繋がりにくいです。

また、無線LANルーターに太陽光が直接当たるのは、熱暴走を起こす可能性があるため好ましくありません。

 

NG④障害物など見通しの悪い場所に置く

意外にやってしまいがちなのが、テレビ台の下や棚の中など、見通しの悪い場所に無線LANを置いてしまうことです。

無線LANルーターが障害物に囲まれている場合は、電波が打ち消されてしまう可能性があります。

台や棚の中に収納している場合は、見通しの良い場所に移動させましょう。もし、見通しの良い場所に置くのが難しい場合は、中継器の導入を検討されるのがおすすめです。

 

NG⑤家電製品と隣接して置く

ついやってしまいがちですが、他の家電製品の近くに置くことも無線LANルーターの電波を弱める原因の一つです。

家電製品から発せられる電波と干渉することで、お互いの電波を打ち消し合うため電波が弱まってしまいます。

【注意したい家電製品】

・電子レンジ

・冷蔵庫

・テレビ

・コードレスタイプの固定電話

・IHクッキングヒーター

 

NG⑥水場付近に置く

水場の近くに置くのもNGになります。その理由は、水の中に電波が入ると弱まる性質があるためです。

水の多い場所は電波が通りづらくなるため、キッチンやお風呂などの近くに置くと回線が不安定になることも珍しくありません。水槽が近くにある場合も注意しましょう。

理想的な無線LANの配置方法は?

理想的な無線LANルーターの置き場所は次の通りです。

・床から1~2m程度の高さ

・家の中心となる場所に置く

前途でも説明したように、床の近くに無線LANルーターを置くと、床にある断熱材や鉄筋に電波が吸収または反射されてしまいます。

また、部屋の隅や障害物のある場所に置くことも電波を弱める原因です。これでは、球体状に電波を飛ばす無線LANルーターの機能を十分に活かせません。

電波を効率良く飛ばし快適な通信環境を整えるためには、床から1~2m程度の高さで、部屋の中心となる場所に設置するのが理想的といえるでしょう。

有線LANへ切り替えて、ネット環境を快適に

Wi-Fiでのネット通信が不安定な場合は、有線LAN接続への切り替えを検討してみるのも一つの解決策です。有線LANは電波が遮られることがないため、通信速度が安定します。その際に選ぶLANケーブルの種類は、Cat6A(カテゴリ6A)がおすすめです。

まとめ

無線LANルーターは、四方八方に丸く電波を飛ばすため、部屋の中の障害物や電波に干渉するものが近くにあると、うまく電波を広げられません。

無線LANルーターの理想的な配置場所は、床から1~2m程度の高さで、部屋の中心となる場所です。また、無線LANルーターの高さを変えることで、通信環境を改善することも可能です。

通信速度が遅い、または繋がりにくいと感じたときは、現在の配置場所を確認し、状況によっては有線LANでのネット接続を試してみましょう。

👉LANケーブル商品一覧はこちら