More Meaningful Connections

なるほど・ザ・LANケーブリング #17
社内ネットワーク構成の「最適化」とは


社内ネットワークは無計画に拡張、分散を行うと意図に反して非効率になってしまう
ものです。課題を吟味し、「最適化」を行いましょう。こちらでは、社内ネットワー
クにおける代表的な最適化対策をご紹介します。
社内ネットワーク構成の「最適化」とは

端末台数は適切に


システムやサーバーにかかる負荷は、接続する端末の台数に比例しています。多すぎ
る端末台数の接続は、負荷増大による通信速度低下の原因です。社内ネットワークの
最適化では、まず「自社の規模に合った必要最低限の端末台数」を把握する必要があ
ります。

ネットワークハブがあれば、有線による端末接続数を増やすことが可能です。また、
タブレットやスマートフォンをオペレーションに活用する例も増えていることから、
無線の接続数も増加しているかもしれません。一方で、接続数を自由に増やせること
から徐々に不必要な端末の接続が増えていることも考えられます。負荷向上による生
産性低下を防ぐため、ネットワーク上の端末数を見直してみましょう。

システムを集約させ管理コストを削減


「システムを細かく分散させると運用が最適化される」と思われがちですが、規模感
によってはその限りではありません。システムを分散した場合に懸念されるのが、そ
れぞれに単位に発生する管理コストです。管理を担当するオペレーターの人件費をは
じめとする管理コストが、分散したシステムごとに発生します。

システムを分散している場合は、集約可能かどうかを検討してみましょう。管理オペ
レーターそれぞれの作業負荷が小さく、管理コストがかかっている場合は不必要なシ
ステム分散かもしれません。管理を担当する人材を最小限にしたほうが、合理的な判
断につながる場合もあります。

トラブル時の調査・復旧がしやすい構成を意識


社内ネットワークにおいてシステムの停止はもっとも避けなければならない事態で
す。同時に、どれだけ運用を強化してもトラブルの可能性を完全になくすことはでき
ません。「問題は起こるもの」ととらえ、トラブルに対応できるネットワーク構成に
しておくことが大切です。

シンプルなネットワーク設計は、原因のスムーズな究明を助けます。また、速やかに
切り替え可能な構成にしておくことで、システム停止を避ける取り組みも重要です。

                ***

以上が社内ネットワーク最適化における取り組みの代表例です。最適化意識の有無に
よって、運用コストや手間、トラブルのリスクは大きく変わってきます。長期的にシ
ステム運用することを考え、自社のネットワークに求められる最適化対策を検討して
ください。