More Meaningful Connections

なるほど・ザ・LANケーブリング #7
配線時に留意すべき「ノイズ」の影響


配線時に意識しなければならないのは、ケーブル類をコンパクトにまとめることだけ
ではありません。内部・外部から発せられる「ノイズ」についても留意する必要があ
ります。こちらではノイズによる悪影響や、パフォーマンスが低下しない配線レイア
ウトのポイントについてお話します。
配線時に留意すべき「ノイズ」の影響

配線におけるノイズの悪影響


ネットワーク環境、配電盤など多くの配線では省スペース内にケーブルや機器が密集
しています。コンパクトな配線を実現するためには、可能な限りケーブル・機器が小
さなスペースに治まっているほうが好ましいと言えるでしょう。一方、留意しなけれ
ばならないのは「ノイズ」による悪影響です。

配線における「ノイズ」とは電気ノイズであり、内部・外部から電気的な悪影響を与
える要素を指します。ケーブルがノイズの悪影響を受けると、電圧が上昇し性能が低
下します。環境によっては配線の本来のパフォーマンスから著しく低下してしまうこ
ともあるため、とりわけ業務用の配線においてノイズは留意すべき問題です。

配線レイアウトの工夫でノイズの悪影響を防ぐ


レイアウトにおけるいくつかの工夫で少スペースかつノイズの悪影響が少ない配線
を実現可能です。

上述したとおりノイズ影響の大きさは発生源からの距離に関係しています。発生源と
影響を受けるケーブル類に間隔をあければ、ノイズ影響を低減可能です。距離はノイ
ズ影響を大きく変える要素であり、少し離すだけでもノイズは小さくなります。

また、シールド処理が施された配線ダクトを使用すると、ノイズ発生源との距離をあ
けた場合と同等の効果を得ることができます。ディバイダーとしてシールド機能のあ
る素材を用いれば、距離を意識することなくノイズ影響の少ない配線レイアウトを実
現可能です。構造上、ケーブルの距離をあけることが難しい場合は、こうしたシール
ド処理された配線ダクトが使用されます。

                ***

ノイズの影響によって、配線回路のパフォーマンスは大きく変わってきます。ご紹介
したような工夫で、効率の良い配線レイアウトを設計してください。